Conarium (PC) Conarium

2017年 ゲーム 2ツ星 クトゥルフ神話

ラヴクラフティアンホラー?

H・P・ラヴクラフトの小説「狂気の山脈にて」(1931 At the Mountains of Madness)の後日談を描いた作品。ケイオシアム社のライセンスは受けておらず、そのためSAN値の概念は登場しない。そのせいか、「ラヴクラフティアンホラー」と銘打っている。

一人称視点の探索ゲームで、モンスターとの戦闘はない。文章量が多く、そのくせ神話生物はあまり登場しない。主人公の素性も不確かで、なにをどうしていいのやら。南極基地が舞台だが、夢によってさまざまなステージを往来する。よく言えば幻想的、悪く言えば現在地を見失う。
「Conarium」(コナリアム)は脳の部位、上生体のことだが、本作では知覚領域の境界を飛び越えるデバイスの名称。時間や空間を超えるワープ装置ではなく、夢として知覚しているようだ。じつにラブクラフトっぽい装置だが、説明不足と言うか、説明はしてるがおもしろくないと言うか、さっぱり興奮しなかった。

んで、よくわからないまま終わる。ストーリーどころか、ゲームの達成条件も理解できない。なんだこりゃ? クトゥルフ神話世界の散歩シミュレーターだった。



Steam: Conarium

関連エントリー

2017年 ゲーム 2ツ星 クトゥルフ神話
ネクロノミカン 禁断の異端書

ネクロノミカン 禁断の異端書

Necronomicon
1993年の外国映画 ★3

原作どおりに作れ、とは言わないが... H.P.ラヴクラフトの短編3本セット。どれも原型を留めないほどアレンジされているが、おもしろくなったとは言い難い。とはいえ、原作がおもしろい (...)

ザ・ヴォイド 変異世界

ザ・ヴォイド 変異世界

The Void
2016年の外国映画 ★3

こーゆーのは好きだけど... 病院を舞台にしたサバイバルホラー。映像は高精細で、構図もよい。外はカルト集団、中には不審者とモンスターと、グッドな配置で期待は高まる。 しかし幻覚が入 (...)

Dagon: by H. P. Lovecraft (PC)

Dagon: by H. P. Lovecraft (PC)

Dagon: by H. P. Lovecraft
2021年のゲーム ★3

読んでる人はうれしい。  ラブクラフトの小説「ダゴン」の情景を体験できるゲーム。無料!  選択肢やインタラクトはなく、読み上げられるシーンを一人称視点で眺めるだけだが、なかなか興味 (...)

ソング オブ ホラー / Song of Horror (PC)

ソング オブ ホラー / Song of Horror (PC)

Song of Horror
2019年のゲーム ★3

盛り込みすぎた。  3人称視点、カメラ固定のサバイバルホラー。全5章。  著名な作家が家族ごと行方不明になって、その広大な屋敷を探索する。プレイアブルキャラクターは編集者や電気技師 (...)

Call of Cthulhu: Dark Corners of the Earth (PC)

Call of Cthulhu: Dark Corners of the Earth (PC)

Call of Cthulhu: Dark Corners of the Earth
2006年のゲーム ★3

盛り込みすぎ ストーリー 現在、Jack Walters は精神病院で首を吊った。彼になにがあったのか? 7年前、Jack Walters は予知能力をもつ警察官だったが、カルトと (...)

Call of Cthulhu: The Official Video Game (PC)

Call of Cthulhu: The Official Video Game (PC)

Call of Cthulhu: The Official Video Game
2018年のゲーム ★2

公式っすか  ケイオシアム公認ゲームもいろいろあるが、本作はズバリ、「The Official Video Game」と銘打っている。真打登場だ。でまぁ、期待もしたんだけど、終わっ (...)

ページ先頭へ