BLAME! (劇場アニメ版) BLAME! (Movie)

2017年 アニメ 3ツ星 SF SF:新人類 ロボット:自律型 文明崩壊後 電脳

おもしろいが、もっとできたはず!

 まず、声がいい。霧亥(櫻井孝宏)もいいが、やっぱりサナカン(早見沙織)にしびれた。「漫画を読んでいたとき脳内で聞こえていた声は、これでしょ?」と言わんばかりのフィット感。たまらない。そしてシボの身長と足音もそそる。偽装ネット端末遺伝子の筐体を軽々持ち運ぶ姿もすてき。いい。じつに、いい。

 ストーリーはうまく再構成されている。人間らしくない霧亥視点から、村娘(づる)視点に置き換えたのは正解だ。西部劇のような雰囲気も、親しみやすい。
しかし無駄な会話、無駄な間が多い。同じ質問を繰り返したり、明らかな脅威にまごついたり。二度三度見ると、そうした無駄が気になってしまう。映画の尺にあわせるため、脚本を水増ししたんだろうか?

 自動工場に向かう15ブロックの旅も物足りない。たとえば宮﨑駿の漫画『風の谷のナウシカ』で、ナウシカが蟲使いたちと現場に向かうシーンは、装備の重さ、ペース配分などが描写され、リアルだった。
 この時代の人々はどうやって都市を歩くのか? 数日かけた遠征なんて、電基漁師たちでも経験が乏しいだろう。オリジナル解釈も含め、そうしたところを肉付けしてほしかった。


※「大地って何だ?」

 2006年のOVA版につづき、今回も「大地って何だ?」という衝撃のセリフがなかった。霧亥がダメなら、づるに言わせればいいのに。BLAME!世界を象徴する名台詞なのに、もったいない。

 ただ、シャキサクの翻案はおもしろかった。


弐瓶 勉

関連エントリー

2017年 アニメ 3ツ星 SF SF:新人類 ロボット:自律型 文明崩壊後 電脳
クロノス・コントロール

クロノス・コントロール

Singularity
2017年の外国映画 ★2

「人間かどうかなんて関係ないわ」 ストーリー  人工知能「クロノス」が人類を滅ぼした未来。残った人類残党を抹殺するため、人間そっくりのロボット・アンドリューが送り込まれる。アンドリ (...)

BLAME ! (全6話)

BLAME ! (全6話)

BLAME! Ver. 0.11: salvaged disc by Cibo
2006年のアニメ ★2

建造物を出せ!  サイケな映像ばかりで、ちーともわからん。もともと不可解な原作だけどさ。最大の不満は、建造物の描写が少ないこと。気が遠くなるほど広大な建造物こそが『BLAME!』の (...)

トランセンデンス

トランセンデンス

Transcendence
2014年の外国映画 ★2

超越できてません。  人類は小麦の奴隷、という考え方がある。人類はもともと気ままに狩猟生活を送っていたが、小麦を得て、これを栽培するため定住せざるを得なくなった。小麦のカロリーによ (...)

SOMA (PC)

SOMA (PC)

Shadow of the Colossus
2015年のゲーム ★3

もろもろ中途半端 あらすじ  2015年──。交通事故で脳に大きなダメージを負ったサイモンは、脳スキャンという実験的な治療を受けた。  気がつくとサイモンは、荒廃した深海施設 PA (...)

トップをねらえ2! (全6話)

トップをねらえ2! (全6話)

Aim for the Top 2! / Diebuster / Top wo Nerae 2!
2004年のアニメ ★4

まるで総集編のようだ 世界観 西暦2048年、カルネアデス計画によって人類は宇宙怪獣の巣を撃滅。しかし縮退炉が宇宙怪獣を引き寄せると判明したため、縮退炉技術を封印。太陽系の内側に閉 (...)

APPLESEED / アップルシード (フル3Dライブアニメ)

APPLESEED / アップルシード (フル3Dライブアニメ)

APPLESEED
2004年のアニメ ★2

映像のみバージョンアップ ゲームっぽい背景やキャラに驚いたが、まぁ、慣れた。それより世界観やメカデザインに戸惑う。よくも悪くも原作(1985)のまま。パワードスーツや多脚砲台は、8 (...)

ページ先頭へ