サブマリン707R (全2話) Submarine 707R

2003年 アニメ 3ツ星 主人公は軍人 戦争 潜水艦 電脳

「早く母港の君に入港したい」

伝説の潜水艦漫画『サブマリン707』のリブート作品。私はオリジナルを読んだことないが、これほど影響を与えているのだから興味が湧く。

見てみると、しっかりした「潜水艦もの」だった。人工知能があったり、子どもが活躍したり、リアルじゃないところもあるが、だからこそ親しみやすい。炊事班の千太が耳の良さで抜擢されるのも、ストレートにおもしろい。2話で終わってしまったのは惜しまれる。

「潜水艦もの」としてのおもしろさは太鼓判。かたわらで、速水あゆみ(11)をはじめとする美少女成分に驚かされる。いや、もちろん、そんな媚びより潜水艦戦闘を充実させろと言いたいところだが、なんとしても美少女成分を盛り込もうとする制作者の意気込みに感服した次第。
まぁ、出番は少ないし、声も不慣れで、不完全燃焼だけどね。

なんかの偶然があれば大化けしたかもしれない。そんな潜在力を感じるOVAであった。

関連エントリー

2003年 アニメ 3ツ星 主人公は軍人 戦争 潜水艦 電脳
ローレライ

ローレライ

Lorelei
2005年の日本映画 ★4

こんな戦争映画を見たかった リアルすぎず、ふざけすぎず、重すぎない。ストレートに楽しめる戦争映画だった。本作を軽薄だの稚拙だとの批判するのはたやすいが、ではどんな戦争映画なら望まし (...)

沈黙の艦隊 OVA (全3話)

沈黙の艦隊 OVA (全3話)

The Silent Service
1996年のアニメ ★3

声に聞き惚れる。 私は原作漫画を雑誌連載で読んでいた。1988年から8年間で全32巻。長ーく楽しませてもらった。それがまさか、たった3話で北極海海戦まで行くとは思わなかった。こんな (...)

Uボート:235 潜水艦強奪作戦

Uボート:235 潜水艦強奪作戦

Torpedo
2019年の外国映画 ★2

潜水艦ものにハズレあり。 国家の存亡を賭けた作戦に、荒くれ者チームが挑む。『アルマゲドン』などでおなじみの構図だが、荒くれ者チームに魅力がないのもおなじみ。また素人に潜水艦を操縦で (...)

真夏のオリオン

真夏のオリオン

Battle Under Orion / Last Operations Under the Orion
2009年の日本映画 ★3

ストーリーはいいが、演出がちょっと…… 倉本艦長が戦時中の人物に見えない。低姿勢だが剛胆で、知略に長け、人情もある。変わり者の艦長がいるのはいいが、「変わり者であること」がわかりに (...)

青の6号 (全4話)

青の6号 (全4話)

Blue Submarine No.6
1998年のアニメ ★3

状況がわからなーい かっこいい潜水艦バトルを見たいのに、なにが敵で、なにが正義かで悩まされる。反戦メッセージが出てくるたび、戦いの興奮がしぼむ。わざわざ近未来で、ミュータントを相手 (...)

出口のない海

出口のない海

Sea Without Exit
2006年の日本映画 ★2

まっすぐしか進めないのが難点 回天はもともと魚雷なので、直進しかできない。また深く潜行できないので、発見されやすい。厳しい訓練を経ても、命中させることは難しいと言われている。 だか (...)

ページ先頭へ