レフト・ビハインド Left Behind

2014年 外国映画 2ツ星 カルト パニック 飛行機

これが神の救済か。

主人公は旅客機パイロット。世界各国で数百万人の人間が突然消えたため、緊急着陸せざるを得ない。しかし空港も混乱して使えない。地上にいる娘の協力によって、なんとか建設中のハイウェイに着陸させた。

・・・で?

人が消えた理由は最後まで明かされない。これからどうなるかの展望もない。なんなんだ?

ネットで調べて、「神が選ばれた人を救済した結果、残された人が混乱した」という前提がわかった。なるほど消えた人間の共通項は、神を信じること、神に選ばれることだったか。

・・・で?

この世の終わりがはじまったわけじゃない。天に召された人々をうらやむこともない。消えたショックはあったが、やがて収束するだろう。
神を信じる人間が消えたことで、宗教は存在意義を失う。残された聖職者はつまり「選ばれなかった人たち」だから、影響力はない。いや、影響を受ける信者もいなくなる。文化的な変質はあるだろうが、人類の歴史はつづくだろう。
してみると神の救済は、間引き、大量殺人と変わらない。

本作の意図は「予定説」の欺瞞を暴くことだったかもしれないが、映画からテーマは読み取れなかった。シリーズ第一章としても弱い。

「神の救済から20年が過ぎた」くらいのオープニングで描いてほしかった。

関連エントリー

2014年 外国映画 2ツ星 カルト パニック 飛行機
ミスト

ミスト

The Mist
2007年の外国映画 ★5

ホラー、かくあるべし 霧が立ち込め、怪物がやってくる。人々は非現実なことから目を背けようとするが、やがて向き合わざるを得なくなる。導入はサバイバルホラーの定石どおり。モンスターの造 (...)

エアポート2015

エアポート2015

Flight World War II
2015年の外国映画 ★4

アサイラム製作のくせに、おもしろい。 ストーリー  ロンドン行の旅客機が乱気流を抜けると、第二次世界大戦中の1940年6月にタイムスリップしていた。ドイツ爆撃機に囲まれ、英国軍に救 (...)

ワールド・ウォーZ

ワールド・ウォーZ

World War Z
2013年の外国映画 ★4

人類の愚かさを見飽きたあなたに ゾンビ映画といえば「悲劇的な結末」は避けられない。『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(1968)以来の伝統だが、半世紀も量産されたので飽きつつあっ (...)

エアポート'75

エアポート'75

Airport 1975
1974年の外国映画 ★3

いま見ると荒削りだが、航空パニックの元祖 次の展開が予測できるのに、なかなか実現しなかったり、あるいは経緯がすっ飛ばされたりする。ジャジャーンッ!と激しい音楽が流れるわりに、画面の (...)

ユナイテッド93

ユナイテッド93

United 93
2006年の外国映画 ★4

「この機は着陸しない!」 いわゆる「ストーリー」はなく、淡々と状況が進展していくところが恐ろしい。不安定なカメラワークによって、自分も93便に乗っているような感覚になる。後半はイス (...)

アルカディア

アルカディア

The Endless
2017年の外国映画 ★4

油断すると納得してしまう怖さ。 ストーリー 過保護な兄と、優柔不断な弟。ふたりは10年前、自給自足のカルト集団「アルカディア」から逃げ出していた。しかし社会に馴染めず、記憶があいま (...)

ページ先頭へ