[レビュー2018年07月07日に発表された 

ウルトラマンR/B (全25話) Ultraman R/B

#ウルトラシリーズ セカイ系
更新日:2020年05月07日(木) 03:21 [Edit]

はっぴー

拾ったアイテムで変身したのに、「おれたちはウルトラマン」「すべてを守ってみせる」と鼻息荒く、だれにも相談しない。それでいいのか?

怪獣が出現しても、警察も消防も、自衛隊も出てこない。政府の存在はニュースの中でさえ言及されない。セカイ系に分類してもいいくらいだ。
『ウルトラマンギンガ』も地元を守るウルトラマンだったが、その被害は局所的で、ウルトラマンタロウの誘導があった。『R/B』の被害規模、状況の不明瞭さを考えると、なにが正義でなにが悪か、即座に判断し、行動できる港兄弟はすごい。それでいいのか?

港兄弟は最初から仲良しで、屈託がなく、特徴もない。「鋼の錬金術師」のエドワード兄弟くらい運命的な絆もない。愛染コーポレーション、ダーリン、お母さんの帰還、お父さんの性格、妹・アサヒ、美剣サキ。なにもかも設定がグタグタで、興味がわかない。

愛染マコトはおもしろかったが、そのため途中退場の喪失感は大きく、ここで視聴をやめた人も多いだろう。

ウルトラマンのデザイン、変身アイテム(ルーブジャイロ)、コレクションアイテム(ルーブクリスタル)、フォームチェンジ、敵勢力。すべて、いけてなかった。