超時空要塞マクロスII LOVERS AGAIN (全6話) Super Dimensional Fortress Macross II: Lovers Again

1992年 アニメ 2ツ星 ロボット 地球外生命 恋愛 戦争 飛行機

駄目じゃないが、好きになれない。

2022年に視聴。マクロスシリーズでは黒歴史と言われているが、クオリティ、プロットは悪くない。興行的に成功し、『マクロス』をシリーズ化した功績は大きい。んが、キャラとドラマの甘ったるさは好きになれない。

クオリティは高い

まず映像クオリティが高い。美樹本晴彦のイラストがそのまま動いてる。まー、おっさんやジジイまで色気があるのは閉口だが、これも味わい。マッシブなバルキリーも新鮮。変形シーンを見せろ。
ゼントラーディが歌を兵器利用する。敵側の女性(兵器)と三角関係になる。主人公は非戦闘員。といったプロットも悪くはない。

あまりに身勝手

主人公ヒビキの身勝手さは目に余る。当時は「大人に反抗すること」が美化され、マスコミへの不信感も今ほど強くなかったが、それにしてもひどい。ヒビキが会社を辞職していないことを考慮すると、めまいを起こしそうになる。

ヒビキは「違法行為も危険行為も、結果を出せば正義」と思っているが、それは彼が否定する大人たち(会社、軍部)と同じ。機密をすべて明らかにして、みんなで話し合えばいいと言うが、話し合った結果、機密になっていたはず。民主主義で、文民統制が効いているのに、どうしろと言うのか。

そんなヒビキに、美少女2人が理由なく惚れる。
イシュタルは愛らしく、無垢で、拾ってくれた人物を、慕い、決して攻撃しない。セクサロイドを拾ったんじゃないの?
シルビーにとってヒビキは、もっとも嫌悪するタイプじゃなかったの? 気がつくと愛し合っていたけど、ハニートラップと思ってた。

ヒビキとシルビーは、キスする現場をイシュタルに目撃されるが、釈明したり、恥ずかしがることもない。ヒビキにとってイシュタルは、恋愛対象ではなかったのだ。イシュタルの無垢より、無垢を踏みにじるヒビキに戦慄したよ。
イシュタルは潔く身を引く。ヒビキは思い出ビデオをプレゼントして、円満解決。なんだかなー。

そういえば、「歌を兵器として使う」「自分たちの文化こそ最高」ってところも、敵(マルドゥーク軍)と同じ。イシュタルを洗脳したほうが勝ちって構図を、シュールに描いてほしかった。

マクロス, 超時空シリーズ
マクロス
超時空シリーズ
メガゾーン23

関連エントリー

1992年 アニメ 2ツ星 ロボット 地球外生命 恋愛 戦争 飛行機
マクロスFB7 オレノウタヲキケ!

マクロスFB7 オレノウタヲキケ!

Macross FB7: Listen to My Song!
2012年のアニメ ★2

意味不明だが、これが正解。 『マクロスF』のキャラクターが、鳥(ガビル)からもらったVHSテープを再生して、『マクロス7』の出来事を振り返る。 意味不明なバサラ ...more

マクロス ダイナマイト7 (全4話)

マクロス ダイナマイト7 (全4話)

MACROSS DYNAMITE-SEVEN
1997年のアニメ ★2

「これがアーティストなんだわ!」 テレビシリーズの後日談。惑星ゾラに立ち寄ったバサラが、「銀河クジラ」に歌を聞かせようとする。ゾラの人々は前髪別パーツで、耳が長 ...more

マクロス7 銀河がオレを呼んでいる!

マクロス7 銀河がオレを呼んでいる!

1995年のアニメ ★2

「これが歌のパワーなのか!」 テレビシリーズの番外エピソード。33分。 雪山で歌うゼントラーディ美女・エミリアは、ミレーヌの姉の1人だった。 ま、それだけ。 ...more

マクロス7 アンコール (全3話)

マクロス7 アンコール (全3話)

MACROSS 7 ENCORE
1995年のアニメ ★2

これも番外エピソード。 テレビ未放映というから、なにか事情があったのかと思ったが、なにもない。どこに挟んでも問題ない、どうでもいいエピソードだった。 オン ステ ...more

マクロス7 (全49話)

マクロス7 (全49話)

MACROSS 7
1994年のアニメ ★2

ただただ、狂っていた。 2022年に鑑賞。主人公バサラは戦場に乗り込んで歌いだすが、戦術的な効果はない。バサラはなぜ歌うのか? 歌ってどうしたいのか? 理由がわ ...more

劇場版 マクロスF 恋離飛翼 サヨナラノツバサ

劇場版 マクロスF 恋離飛翼 サヨナラノツバサ

Macross Frontier 2nd Movie: Sayonara no Tsubasa
2011年のアニメ ★2

「あいつ、かぶいてやがる!」 前編「虚空歌姫」から2年も経つので、状況を忘れてしまった。しかしイントロダクションはわずか。新たな登場人物や専門用語の説明もない。 ...more

ページ先頭へ