オーバーボード Overboard

2018年 外国映画 3ツ星 コメディ 記憶操作

「前の執事が正直だったから、私が来ました。」

 わがままな金持ちが記憶喪失になって、シングルマザーの夫として家事や子守りをやることに。そのうち働くことの喜び、家族の大切さを知って、ハッピーエンド。
 結末まで予想されたとおりに展開するが、あまり退屈しなかった。ムリヤリな状況設定に、「それはない」と突っ込むことで興味を維持できたように思う。また遊び呆けるお母さんや、性が多様化した現代に生きる娘さんとか、ステレオタイプでないところもよかった。

 あと執事がいいね。彼が生きてるうちは、すべて安泰だ。

 青野武さんの声を聞いて、こんな最近の作品までやってたのかと驚いたが、ちがった。

関連エントリー

新世紀エヴァンゲリオン (SS)

新世紀エヴァンゲリオン (SS)

1996年のゲーム ★2
マルコヴィッチの穴

マルコヴィッチの穴

1999年の外国映画 ★3
ジェラルドのゲーム

ジェラルドのゲーム

2017年の外国映画 ★3
白い恐怖

白い恐怖

1945年の外国映画 ★4
バイオハザード: ザ・ファイナル

バイオハザード: ザ・ファイナル

2016年の外国映画 ★1
パッセンジャーズ

パッセンジャーズ

2008年の外国映画 ★2
Path to Mnemosyne (PC)

Path to Mnemosyne (PC)

2018年のゲーム ★2
アンノウン

アンノウン

2011年の外国映画 ★3
ルイナー / RUINER (PC)

ルイナー / RUINER (PC)

2017年のゲーム ★3
プレイ / Prey (PC)

プレイ / Prey (PC)

2017年のゲーム ★4