[レビュー2014年12月25日に発表された 

ビッグ・アイズ Big Eyes

家族 法廷
更新日:2020年05月18日(月) 14:13 [Edit]

めでたしめでたし、か

 主人公の女性は美しく、才能があり、辛抱強く、やさしい母だった。男は悪辣で、粗暴で、才能がない。愛情はすぐ消え、主人公が男に尽くす理由はなくなる。それでも長い歳月を経て、十分な稼ぎを得てから結婚生活が破綻。主人公の暴露で夫婦げんかは法廷に持ち込まれた。男は短気で、馬鹿だった。卑劣な術数がめぐらされることもなく、あっけなく正義の判決がくだされた。めでたしめでたし。

 よかったね、としか言いようがない。

関連エントリー