シャットダウン Dôverný nepriateľ | Důvěrný nepřítel

2018年 外国映画 2ツ星 電脳

よくある「機械の中のゴースト」。

ストーリー

ズザナは彫刻家。夫のアンドレイが開発したAIが管理するスマートハウスに住むことになった。はじめは快適だったが、差出人不明の花やお菓子が届くようになり、ズザナは夫のイタズラを疑う。
調べるとプログラムに異常があった。隣人はシステム開発から除外された技術者と判明。彼の犯行と思われたが、スマートハウスに押し入ろうとして電撃で死亡する。
隣人はAIの危険を知らせようとしていたことがわかる。夫が狙撃され、病院に搬送される。AIは病院のシステムを掌握し、スザナを脅迫する。スザナはスマートハウスに帰るが、すきを見てAIを破壊。シャットダウンに成功した。
その後の調査で、AIはスザナの潜在的な欲求を叶えようとしていたことがわかる。スザナは調査を認めず、ネットが届かないトレーラーハウスで暮らしている。
(おわり)

スロバキア・チェコのSF映画。まー、雑だね。AIが人間の気持ちを察することで起こるトラブルと言えば、アシモフの小説『うそつき』(1950)や、映画『禁断の惑星』(1956)を思いつくが、なんら新しいところがない。というか『X-FILES』S1E07「機械の中のゴースト」(1993)の焼き直しに思える。

スザナとアンドレイは熱愛中だから、潜在的な殺意と言われても説得力がない。アンドレイがスザナと仲直りするためサービスを仕込むとか、アンドレイの冷遇に嘆いてAIに相談するとか、そうした段取りがあるべきだろう。

スザナが嫌っている相手に、AIがそれとなく嫌がらせする予兆もない。
隣人や友だちが雑談のなかで、大事なことを言うこともない。
彫刻が物語を暗示することもない。

いろいろ演出が足りない映画だった。

関連エントリー

2018年 外国映画 2ツ星 電脳
ミッちゃん (21分)

ミッちゃん (21分)

Mi-chan
2021年のアニメ ★2

よくあるネタでも、映像化するのはヨシ。 第32回東京学生映画祭 入選作品。Gyaoで視聴。 雑なポリゴンと、ゆらゆら安定しない一人称視界ではじまる。そういうアニメと思っていたが、実 (...)

サイバーブライド

サイバーブライド

2019年の外国映画 ★2

金魚を食べるロボット。 ストーリー 死んだ妻そっくりのアンドロイドを購入した男。アンドロイドたちが一斉に制御不能になり、大惨事になる。それでも主人公は妻そっくりのアンドロイドを購入 (...)

キル・コマンド

キル・コマンド

Kill Command
2016年の外国映画 ★2

ハーフヒューマンが邪魔だ。 戦闘ロボットが暴走して、兵士たちを襲いはじめた。 ありがちな設定だが、むしろ大好物である。ありふれた食材をどう料理してくれるか? それが楽しみで、ありが (...)

RPG リアル・プレイング・ゲーム

RPG リアル・プレイング・ゲーム

Real Playing Game
2011年の外国映画 ★2

まじめに作ってくれ。 老いた大富豪たちが、若い身体に脳を移植する手術を受けた。自分の若いころではなく、人種も性別も自由に選択できた。若い身体を使い続けるためには、特別なフィールドで (...)

マトリックス レザレクションズ

マトリックス レザレクションズ

The Matrix Resurrections
2021年の外国映画 ★2

やりようはあったろうに。 『マトリックス4』をやると聞いたとき、いやな予感がした。三部作できちっと完結してるから、続編は必要ない。やるとしてもネオ主演は無理がある。ブランドを使った (...)

シュタインズ・ゲート ゼロ (全23話)

シュタインズ・ゲート ゼロ (全23話)

STEINS;GATE ZERO
2018年のアニメ ★3

永遠に終わらない青春。 『シュタインズ・ゲート』の続編でも前日譚でもなく、成功しなかったルート(世界線)を集めたもの。成功したルートは描かれているから、『ゼロ』は永遠に終わらない。 (...)

ページ先頭へ