レプリカズ Replicas

2018年 外国映画 2ツ星 クローン ロボット:自律型 死体蘇生 記憶操作 電脳

ホラーのようなハッピーエンド。

ストーリー

 天才科学者が、事故で死んだ妻子をクローンと記憶移植によって蘇生させた。その研究成果を狙って、大企業エージェントが襲ってきた。主人公は「不老不死の方法」を伝授する代わりに見逃してもらった。
(おわり)

 クローン、記憶移植、記憶操作、自我の複製、ロボットへのマインドアップロード、不老不死の確立──。
 これほどSF要素をぶちこんで、なにひとつ掘り下げることなく終わった。家族は状況をすぐ理解し、受け入れ、記憶をいじったことへの反発もない。主人公もレプリカたちを変わらず愛し、技術がもたらす社会の混乱も無視してトンズラ。素材不足であきらめた次女ゾーイも復元成功。パーフェクト・ハッピーエンド。夢じゃないなら狂ってる。

 主人公は自分自身をロボットに移植して、置き去りにした。そういう展開にするなら、「研究のため家族を顧みない天才」という前フリが必要だろうに。不老不死を商売にした敵ボスも迷いがない。企業に追われることもない。いやはや。

 ここまで浅いSFに仕上げられたのは、1つの才能だろう。

関連エントリー

2018年 外国映画 2ツ星 クローン ロボット:自律型 死体蘇生 記憶操作 電脳
トランセンデンス

トランセンデンス

Transcendence
2014年の外国映画 ★2

超越できてません。  人類は小麦の奴隷、という考え方がある。人類はもともと気ままに狩猟生活を送っていたが、小麦を得て、これを栽培するため定住せざるを得なくなった。小麦のカロリーによ (...)

ラザロ・エフェクト

ラザロ・エフェクト

The Lazarus Effect
2015年の外国映画 ★2

おもしろくなりそうで、ならなかった。 ストーリー  大学の研究室チームが、死者を蘇生させる「ラザロ血清」を開発する。リーダーのフランクは、事故で死んだ婚約者ゾーイに血清を投与する。 (...)

フランケンシュタイン (ロバート・デ・ニーロ主演)

フランケンシュタイン (ロバート・デ・ニーロ主演)

Mary Shelley's Frankenstein
1994年の外国映画 ★2

響かない狂気と悲哀 私はフランケンシュタインが登場するアニメや映画はけっこう見ているし、メアリー・シェリーの原作も読んでいる。やはり1931年のモノクロ映画『フランケンシュタイン』 (...)

アイ・フランケンシュタイン

アイ・フランケンシュタイン

I, FRANKENSTEIN
2014年の外国映画 ★2

アンダー・ワールドの焼き直し 天使と悪魔の戦争に、《フランケンシュタインの怪物》が巻き込まれるファンタジー・アクション。メアリー・シェリーの小説のラストから直接つながっているけど、 (...)

フランケンシュタインの花嫁

フランケンシュタインの花嫁

Bride of Frankenstein
1935年の外国映画 ★2

1作目のインパクトはない 正しくは「フランケンシュタインが作った怪物の花嫁」だが、もう制作者も怪物の名前をフランケンシュタインとする決心をしたようだ。 原作に照らせば、続編で伴侶に (...)

フランケンシュタイン

フランケンシュタイン

Frankenstein
1931年の外国映画 ★3

強烈なイメージ 2014年に鑑賞。はじめて見たのに既視感たっぷり。理論に酔いしれる天才科学者、嵐の中での実験、純朴だが凶暴な怪物、少女との交流、怒れる民衆の逆襲......。本作を (...)

ページ先頭へ