[レビュー2019年05月17日に発表された 

ジョン・ウィック:パラベラム John Wick: Chapter 3 - Parabellum

アクション 主人公は殺し屋
更新日:2020年09月02日(水) 06:52 [Edit]

なにをしたいのか...

 観客がアクション映画に求めるものはアクションである。1作目は、最低限のスジさえあれば足りることを証明して、好評を博した。ところが2作目は不本意な殺しを引き受けたり、掟を守ったり破ったりと一貫性がなく、アクションの興奮に水を差されてしまった。

 3作目も同じ。ウィックは死にたいのか生きたいのか? さらに続編を意識して中途半端なエンディングにがっかり。
 殺しを辞めたい殺し屋と、なにかしら仕事をさせたいマフィア。それでいいじゃない。掟とか、組織とか、どうでもいい。そーゆーものが見えると、アクションの興奮が冷める。

 とりあえず、犬が強かった。

関連エントリー