アナと雪の女王2 Frozen II

2019年 外国映画 3ツ星 タイムトラベル ファンタジー:童話 @ディズニー

もはや共感できぬ。

 第1作はエルサが異質な自分を受け入れる物語だった。第2作はエルサが異質になった理由を掘り下げている。え? それって必要? 世界観は広がったけど、それが『アナ雪』がヒットした理由ではないだろう。

 エルサは前作以上に美しく、強大なパワーをもち、正しいことを行って、感謝された。人類の域を越えて、神になった。おまけにエルサは自分の近しい人たちと暮らしている。もはや自分の異質さに悩むことはないし、悩ん無事があっても共感できない。あそこまで突き抜けたいと、「ありのままで」「好きにさせて」は通じないのか。
 エルサの父親の罪を、母親の能力によって解決する。先天的ボーナスが大きい。

 エルサをずっと苦悩させたいわけじゃないが、これはちがうんじゃないかなぁ。

関連エントリー