ストックホルム・ペンシルベニア Stockholm, Pennsylvania

2015年 外国映画 2ツ星 実話に基づく 家族 狂気 誘拐

「説明しないぞ」という強い意思。

ストーリー

4歳のときに誘拐され、17年地下で監禁された女性が、警察に救出され、親元に帰された。しかし誘拐前の記憶がないため、両親は他人でしかない。両親は失われた時間を取り戻そうと懸命にアプローチするが空回り、母親は娘を部屋に閉じ込めてしまう。女性は外へ逃げ出し、街をさまよう。家族を求め、幼女誘拐を考えてしまう。

びっくりするほど説明がない。主人公が誘拐され、救出されたことも、終盤まで明かされない。なにも知らずに見たら、母と娘の関係に首を傾げるだろう。途中で父親が退場するが、その経緯もわからない。作劇上の意味もわからない。なぜここまで説明しないのか? わからない。

映画のタイトルはストックホルム・シンドロームから来ているようだが、このケースに当てはまるのだろうか? 主人公は両親より誘拐犯を親しく思っているが、誘拐犯に利する行動はしていない。ストレスから愛情を錯覚しているのではなく、本当の愛情が芽生えているようだ。

シアーシャ・ローナンは美人。物憂げな表情に魅了される。しかしそれも映画の主題と関係ない。

関連エントリー

2015年 外国映画 2ツ星 実話に基づく 家族 狂気 誘拐
ピクニック at ハンギング・ロック

ピクニック at ハンギング・ロック

Picnic at Hanging Rock
1975年の外国映画 ★3

ただ感じるだけのナゾ なにが起こったのか、少女たちはどうなったのか? 「たぶん、こうだろう」という推論を立てる余地さえない。ただ消えてしまった。原因不明の失踪、および関係者の変死。 (...)

ディープエンド・オブ・オーシャン

ディープエンド・オブ・オーシャン

The Deep End of the Ocean
1999年の外国映画 ★3

たまにはこんな映画も悪くない 陰謀もない。悪人もいない。事件も解決。登場人物はみんな誠実な人ばかり。 なのに、うまくいかない。失ったものは還らないのだ。しかし生きているかぎり、また (...)

SAW (PS3)

SAW (PS3)

Saw The Game
2009年のゲーム ★2

苦しむことが好きな人へ こうしてゲームが作られるのは、それだけ映画がヒットした証拠なんだろうな。しかしあの『SAW』だよ。痛快アクションも、甘いロマンスもない。痛々しいゲームの被験 (...)

ロスト・チルドレン

ロスト・チルドレン

LA CITE DES ENFANTS PERDUS
1995年の外国映画 ★2

好きと言いたいけど、言えない 『デリカテッセン』につづいて鑑賞。例によって美術は素晴らしいが、例によってストーリーは難解だった。さらわれた弟を連れ戻すだけの話が、どうしてこんな複雑 (...)

ソウ7 / ソウ ザ・ファイナル 3D

ソウ7 / ソウ ザ・ファイナル 3D

Saw 3D
2010年の外国映画 ★4

恐るべきジョンの支配力 ついに完結編となった7作目。被験者に選ばれたのは自称生還者ボビー。ゲームスタイルは恒例となった「他人のために奔走する」タイプ。正直、飽きた。『6』の悪徳保険 (...)

ソウ6

ソウ6

Saw 6
2009年の外国映画 ★3

ゲームがなければおもしろい ジグソウの後継者たちは、同じようなゲームを仕掛けているが、理念が異なっている。アマンダのゲームは脱出不可能だし、ホフマンのゲームは無関係の人を巻き込んで (...)

ページ先頭へ