大人の見る繪本 生れてはみたけれど I Was Born, But...

1932年 日本映画 2ツ星 主人公は子ども 社会人

父親への幻滅、それから?

第9回キネマ旬報ベスト・テン第1位。小津監督のサイレント期を代表する傑作・・・らしいが、詳しくはWikipedia参照。
2022年に鑑賞。活弁のおかげで取り残されることはなかったが、映像だけでストーリーを理解するのは一苦労だろう。「わかりやすさ」は日進月歩で、古い作品はどんどん食べにくくなってしまう。

家庭では絶対の権力者である父が、会社では上司に平伏し、愛想笑いを浮かべる。子どもが落胆するのも仕方ないが、「偉くなればいい」「空腹には代え難い」が結論になる。ストレートだし、それが現実とは思うが、「映画」のファンタジーがないのは驚きだ。まぁ、これも持ち味か。

真珠湾攻撃の9年前。背景になにもないのは、焼け野原だからじゃない。子供同士の序列が、バーンと指銃で撃たれて倒れるかどうかで決めるところがおもしろい。
子どもたちはすぐ暴力を振るうが、あまり陰湿じゃないように見える。実際はちがうのかもしれないが、健全に見えた。

関連エントリー

Lake (PC)

Lake (PC)

2021年のゲーム ★3
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

2017年の外国映画 ★3
かくしごと (全12話)

かくしごと (全12話)

2020年のアニメ ★4
狼よさらば

狼よさらば

1974年の外国映画 ★5
デス・ウィッシュ

デス・ウィッシュ

2018年の外国映画 ★3
ソーシャル・ネットワーク

ソーシャル・ネットワーク

2010年の外国映画 ★2
ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女

ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女

2020年の日本ドラマ ★3
ハラスメントゲーム (全9話)

ハラスメントゲーム (全9話)

2018年の日本ドラマ ★4
共演NG (全6話)

共演NG (全6話)

2020年の日本ドラマ ★4
孤独のグルメ 2020 大晦日スペシャル 俺の食事に密はない、孤独の花火大作戦!

孤独のグルメ 2020 大晦日スペシャル 俺の食事に密はない、孤独の花火大作戦!

2020年の日本ドラマ ★3
アンストッパブル

アンストッパブル

2010年の外国映画 ★3
スノー・ロワイヤル

スノー・ロワイヤル

2019年の ★3
ファイティング・ダディ 怒りの除雪車

ファイティング・ダディ 怒りの除雪車

2014年の外国映画 ★4
アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング

2018年の外国映画 ★2
プーと大人になった僕

プーと大人になった僕

2018年の外国映画 ★3
踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル

踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル

1997年の日本ドラマ ★3
Firewatch (PC)

Firewatch (PC)

2016年のゲーム ★4