ルパン三世 PART6 (全25話) Lupin III PART6

2021年 アニメ 3ツ星 #ルパン三世

「かっこいい」を演じるルパン。

第0話「EPISODE 0 ―時代―」で次元大介の声に驚いた。老いを隠しきれない。あまりに不自然だ。と思っていたら、このエピソードで小林清志は勇退となった。
声優を丁重に扱ってくれるのはうれしいが、引っかかる。年配者は喜ぶかもしれないが、新しいシリーズは新しい視聴者を楽しませてほしい。音楽や演出も過去作オマージュが目立つ。なつかしさが味わうなら過去作を見るよ。

ルパンは訳知り顔で、主人公としての魅力がない。ピンチにハラハラすることもない。次元、五右衛門、不二子、銭形も言動がパターン化している。ときどき別行動するのも、いつものことって気がする。

前半は「ワトソンの娘」をめぐるドタバタ。なぜここでホームズを出すのかわからない。ホームズらしさも皆無だし。ホームズ&ワトソンの強さも描かれなかったから、オリキャラでいいのに。

後半は「ルパンの先生」について。今さらルパンのルーツに興味はないが、えんえん引っ張って、煙に巻かれたのはがっかり。やるならやる。やらないならやらない。トモエもつまらない老婆だった。

ルパン三世 PART6。制作者が考える「かっこいい」を詰め込んだようだが、私の感覚では、かっこ悪かった。