【ゆっくり文庫】太宰治「葉桜と魔笛」 The Whistler (1939) by Dazai Osamu

2013年 ゆっくり文庫 ドラマ 日本文学
【ゆっくり文庫】太宰治「葉桜と魔笛」
002 嫉妬と見栄──

姉は結婚もあきらめ、病弱な妹を世話した。妹の命がもうすぐ消えようというとき、手紙の束が見つかった。それは妹に宛てた恋文だった。妹は、なにも知らない少女じゃなかった。

原作について

太宰治

太宰治
(1909-1948)

 美しく、悲しく、そしてなんだか幸せになれる物語。原文は読みにくいけど、エッセンスは素晴らしいので抜き出してみた。姉の「嫉妬」や、妹の「見栄」にも踏み込んでみた。あえて言及されていないだけで、こういう物語だったと思えてくる。

 地の文(老婦人の語り)が多いと、ストーリーに没入できなくなることが判明。やはり動画は会話主体の方がいい。そこで原作にない医者を登場させたところ、テンポがよくなった。我ながらいいアイデア。
 M.T.の手紙は原作そのままにした。やや冗長に感じるが、ここは変えられない。

 姉妹が笑うシーンは、作った本人が泣けてしまった。なんでだろう。動画制作すると感情移入が止まらない。

動画制作について

 15分51秒はものすごく長い。何度もチェックして、気が遠くなった。タイムラインの管理も大変。いくつかに分割して、AviUtlで合流させよう。ドラマや映画を撮る人はたいへんだ。どっかで見切りをつけないと、いつまでも作業してしまう。

タイムライン
※タイムライン管理が大変になった

 出力容量は39.2MB。一般会員なので、ここが限界だ。これ以上長い話はアップロードできないし、それ以前に作れない。ひー。

(追記)40MB以内に出力する設定なので、16分が限界ということはなかった。よくわかってなかった。

 本作は、老婦人が少女時代を思い出しているので、地の文(老婦人)の声はやや低く、字幕の縁を赤くして、セリフ(少女)と差別化した。文章のセリフは「」で明示できるけど、動画はそうじゃない。いろいろ工夫が必要だ。やってみてはじめて気づいた。

 表情アイテムの使い方がわかった。笑ったり泣いたりすると、キャラクターがかわいくなる。しゃべっているキャラだけでなく、それを聞いているキャラにも表情の変化がある。細かく調教したけど、どのくらい気づいてもらえるんだろう? アニメーターさんの苦労がしのばれる。でも楽しい。

 口笛の軍艦マーチで終わるラストもいい感じ。
 楽しい。動画制作はすごく楽しい。

関連エントリー

2013年 ゆっくり文庫 ドラマ 日本文学
【ゆっくり文庫】森鴎外「牛鍋」

【ゆっくり文庫】森鴎外「牛鍋」

2018/01/01 - ゆっくり文庫

071 永遠に渇してゐる目── 文明開化の東京。とある牛鍋屋で、男と、女と、幼い娘が鍋を囲っていた。娘は「食べろ」と言ってもらえず、ついに箸を鍋に伸ばした。 【 ...more

【ゆっくり文庫】妄想「異説・阿部一族」

【ゆっくり文庫】妄想「異説・阿部一族」

2017/12/01 - ゆっくり文庫

069x 命より大切なものはあるか?── 観測者2名と、当事者2名が、あの事件を振り返る。阿部一族の反乱は仕組まれたものだったのか? 【ゆっくり文庫】森鴎外「異 ...more

【ゆっくり文庫】森鴎外「阿部一族」

【ゆっくり文庫】森鴎外「阿部一族」

2017/10/12 - ゆっくり文庫

069 うしろの正面だぁれ?── 肥後藩主・細川忠利が病死すると、家臣たちの殉死が相次いだ。老臣・阿部弥一右衛門は、殉死の許しを得られなかったため勤務をつづけた ...more

【ゆっくり文庫】菊池寛「父帰る」

【ゆっくり文庫】菊池寛「父帰る」

2016/10/16 - ゆっくり文庫

062 小さな家族の、小さな奇跡── 母親と長男、次男、長女が暮らす小さな家。ある夜、次男が「父親によく似た男を見かけた」という話を耳にする。 【ゆっくり文庫】 ...more

【ゆっくり文庫】芥川龍之介「羅生門」

【ゆっくり文庫】芥川龍之介「羅生門」

2015/08/02 - ゆっくり文庫

043 踏み出す勇気── 解雇され、行き場をなくした下人。盗人にするしかないが、そんな度胸はない。羅生門の上から人の気配がする。下人は正義を為すため、はしごを登 ...more

【ゆっくり文庫】菊池寛「形」

【ゆっくり文庫】菊池寛「形」

2014/08/01 - ゆっくり文庫

027 形の魔力── 中村新兵衛は槍の達人で、身につけている陣羽織と兜を見ただけで敵が恐れおののくほどだった。あるとき新兵衛は、初陣に出る若侍に陣羽織と兜を貸し ...more