[Edit]
[旅行2006年11月04日(土)の東京都:新宿副都心にて

わかば / 東京たいやき御三家の1つ

[WGS84] 35.685831, 139.726889 - Google Earthで開く(kml)

東京たい焼き御三家をコンプリートするため、四谷まで行ってきた。

  • 柳屋(日本橋人形町)←写真はないけど食べた、ウマー
  • 浪速家総本店(麻布十番)←ウマー
  • わかば(新宿区若葉)←ここに行ってきた
  • その店は路地裏にあった

    四谷って、縁がない街なんだよね~。
    駅から降りたのも数えるくらい。そんな見知らぬ通りを歩くこと数分、その店は路地を曲がった裏手にあった。

    たいやき わかば
    ※四谷見附名代 たいやき わかば

    ガラス窓から作業場が見えた。
    1つずつ丁寧に焼いているね。余分なハネは、はさみで切り落として整形するのか。なるほど。

    餡は尻尾まで詰まっているべきか論争

    『わかば』のたい焼きは、尻尾まで餡が詰まっている。
    それが誠実さだと、『わかば』は考えている。ところが、尻尾まで餡が詰まっていない『浪花屋』のファンが「尻尾の餡はよけいじゃないか?」と発言し、論争に発展したことがあるらしい。
    結果は引き分けに終わったらしいけど、これは目玉焼きの食べ方に並ぶ深い命題かもしれない。

    たいやき わかば
    ※紙袋に包まれている(4つ買いました)

    食いやぶるたい焼き

    で、食べてみた。
    まず皮が薄いのにしっかりしている。食いやぶると、中からアツアツの餡が出てくる。うほほ! なるほど尻尾までぎっちり詰まってる。
    餡の詰まったフクロみたいなたい焼きだ

    たいやき わかば
    ※カタチがしっかりしている

    たいやき わかば
    ※ぺらぺらに見えるが、そうでもない

    餡はかなり甘いけど、しつこくはない。もぐもぐ。
    1匹でも、十二分に満足できる甘さ。もぐもぐ。
    うん、これはいいよ。もぐもぐ。
    四谷に来る機会があったら、次も食べようっと♪

    冷凍してみた

    『わかば』でもらったパンフレットにはこう記されている。

    ■殿方は頭から、ご婦人は尻尾から、召し上がってください。
    ◎温めなおしは、とろ火で焼いていただくか、電子レンジで温めた後オーブントースターで焼いてください、香ばしいく美味しく召し上がれます。
    ◎夏場、一度冷凍して半解凍で召し上がると、小倉アイスのようです
    なので試してみた。
    しかし……餡は完全には凍らないのよね。半解凍して食べてみたけど、うむむ。餡は美味しいけど、皮がくにゅくにゅしてるよ~。

    たいやき わかば*
    ※凍らせてみたのだが……

    やっぱりたい焼きは、できたてアツアツがいちばん美味しい。

    『浪花屋』とはまた違ったタイプで、甲乙つけがたいな。

    そういえば『柳屋』はどんな味だったっけ?
    食べたのはずいぶん前だし、日記もないからよく思い出せない。また食べに行くかな。

    たい焼き行脚はつづく。

    関連

Next