旅行  2008年06月16日(月) の神奈川県 にて

イタリア庭園 / 山手西洋館めぐり(1/8)

(map)

[WGS84] 35.436755, 139.643564 - Google Earthで開く(kml)

石川駅を出発して、最初に出てくるのはイタリア庭園だ。

ここにはブラフ18番館と外交官の家がある。どちらも西洋館らしい西洋館なので、はじめて見るのに適している。港の見える丘公園からスタートしていたら、ここが最後になるんだな。

ブラフ18番館 ... 白地に緑の窓枠が涼しげな洋館

個人の住宅にしては広い。とても明るく、涼しげな印象を受けるのは白地の壁と緑の窓枠のせいだろうか。
たくさんの人形が飾られた部屋があって、ビスクドールというものを見た。ビスクはフランス語で「2度焼く」という意味なんだって。

山手西洋館めぐり イタリア庭園
※台形に張り出した出窓が「ベイウィンドウ」

山手西洋館めぐり イタリア庭園
※色合いが美しい

山手西洋館めぐり イタリア庭園
※ビスクドール、怖い

■ブラフ18番館 (Bluff No.18)
[住所] 神奈川県横浜市中区山手町16番地
[休み] 第2水曜日(祝日は開館し翌日休), 年末年始
[料金] 入館無料
[電話] 045-662-6318

外交官の家 ... 内と外を隔てるサンルームが興味深い

石川駅のホームからも見えた建物は、外交官の家だった。
もっとも西洋館らしい外観をもつ建物で、ヘリテージング100選にも選ばれている。私はてっきり外国人の外交官と思っていたが、明治政府の外交官・内田定槌(さだつち)氏だった。
興味深かったのはサンルーム。住人は「家の外」と認識していたようだが、そうとも思えない構造だ。

山手西洋館めぐり イタリア庭園
※八角形の塔屋をもつ「外交官の家」

山手西洋館めぐり イタリア庭園
※家の外と認識されていたサンルーム

山手西洋館めぐり イタリア庭園
※建物の内部なのにガラス窓や鎧戸がある

山手西洋館めぐり イタリア庭園
※外交官・内田定槌が使っていたストーブ

山手西洋館めぐり イタリア庭園
※和館も復元してほしかった

■外交官の家 (The Home of a Diplomat)
[住所] 神奈川県横浜市中区山手町16番地
[電話] 045-662-8819
[休み] 第4水曜日(祝日は開館し翌日休), 年末年始
[料金] 入館無料

今日は日差しが強い。
私たちは山手本通りを歩いて、山手公園に向かった。

コメント (Facebook)

思考回廊 旅行
イタリア庭園 / 山手西洋館めぐり(1/8)