旅行  2009年01月12日(月) の千葉県 にて

道の駅とみうら→富楽里とみやま→きょなん

(map)

[WGS84] 35.037625, 139.837146 - Google Earthで開く(kml)

日帰り館山ドライブ:実行中

館山の昼飯探しは、思いのほか難航した。

適当に済ませるつもりだったので、調べてこなかったのだ。なまじ時間が余っているので、ちゃんとしたものを食べたい。その欲求は、時間がたつにつれて強くなった。
午前中は館山駅の駅弁を食べるつもりだったが、午後3時を越えるとそれでは満足できなくなり、私たちはいつものようにさまようことになった。

道の駅とみうら(枇杷倶楽部)

富浦ICにほど近い道の駅とみうらに立ち寄ってみた。
道の駅としては中規模だが、とみうらマート、お魚市場、お百姓市場といった施設が併設されており、全体ではかなり広かった。

道の駅
※道の駅とみうら

びわソフトはヨーグルト風味

なにを食べるか迷ったが、ピンと来るものがなかったので、次の道の駅に行くことを決める。ただ、富浦は琵琶の名産地なので、びわソフトクリーム(350円)を試していくことにした。

道の駅
※びわソフトクリーム

照明のせいもあるが、淡いクリーム色をしている。しっかりしているので、舐めると言うより、食べる感じ。びわの風味がするかと問われると、微妙。しかしフルーツの風味はある。フルーチェのような、ヨーグルトのような味わいだった。

■道の駅とみうら(枇杷倶楽部)
[所在地] 千葉県南房総市富浦町青木123-1
[連絡先] 0470-33-4611
[開設時間] 10:00~18:00
[URL] http://www.mboso-etoko.jp/top/biwakurabu/

南房総市とみうら元気倶楽部の足湯

道の駅とみうらの対面には、「南房総市とみうら元気倶楽部」という建物があった。よくわからないので入ってみたら、なんと200円で日帰り入浴ができると判明。さっそく飛び込みたかったが、ちょうど終了したばかりだった。知っていれば、駆けつけたのに。
しかし足湯はまだ解放されていた。無料なので、ズボンの裾をまくって足をつける。ふぅー、疲れが癒される。

道の駅
※花とだいだいが浮かぶ足湯

足の疲れも癒えたところで、出発する。
次に訪れたのは、道の駅富楽里とみやまだった。富楽里は「ふらり」と読むようだ。ちょうどここで太陽が沈んだ。

道の駅
※道の駅:富楽里とみやま

道の駅
※今日が終わる

2階にレストランと軽食コーナーがあったが、嫁はやはりピンとこないという。メニューを見るとわからなくもないが、また次に持ち越しだと、期待感ばかり高まっていく。しかも、「前の方がよかった」とは言えない。
ポーカーの掛け金が高くなりすぎて、カードをめくれない気分だよ。

房総名物・さんが焼き

それでも、なにも食べずに出るのは気が済まないので、房総名物「さんが焼き」を食べてみる。
さんが焼きとは、「なめろう」を焼いたもの。「なめろう」は、アジ、サンマ、イワシ、トビウオといった青魚に、味噌と日本酒、ネギ、シソ、ショウガを乗せて細かく叩いたもの。食べてみると、アジの風味が広がった。けっこうジューシー。ファストフード的なうまさがある。

道の駅
※さんが焼き(250円)を食べた

■道の駅:富楽里とみやま
[所在地] 千葉県南房総市二部1900
[連絡先] 0470-57-2601
[URL] http://furari.awa.or.jp/

道の駅:きょなん

さらに北上して、道の駅「きょなん」を訪れる。
建物は見つかったが、灯りがついてない。時刻は17時過ぎ。「きょなん」には食事処や物産販売所、情報館、菱川師宣記念館といった施設があるのだが、どこも店じまいしていた。なんてこったい!

道の駅
※トンネルを越えて北上する

道の駅
※道の駅きょなんの灯りは消えていた

「きょなん」の次となると、もう市原だ。いや、アクアラインを通るから、帰路に道の駅はない。
道の駅でなにか食べる作戦は見事に失敗した
しかし計画を立てるときになんとなく調べた食事処が近いので、そこへ行くことにした。

道の駅
※保多漁港に日が暮れる

コメント (Facebook)

思考回廊 旅行
道の駅とみうら→富楽里とみやま→きょなん