[Edit]
[創作] 2008年09月25日(木)に書いたショートショート

第54話:ブラック・ウィドー

第54話:ブラック・ウィドー

「ついにブラック・ウィドーを妻に娶ることができた」

 きょう、80歳の誕生日を迎えるカツシゲ翁は、微笑みながらグラスを掲げた。
「いやだわ、そんな言い方されては」
 きょう、結婚したばかりの若い妻ヒトミも、グラスを手に取り乾杯する。
 海辺に佇む広大な屋敷に、今夜はふたりきりだった。

「ヒトミよ。わしは十分に生きた。

 戦うだけの人生だったが、末期におまえと出逢えて幸福だった」
 ソファに身をあずけ、遺言のようなことをつぶやく。
「変なことをおっしゃらないで。私をまた未亡人にするおつもりですの?」
「ふふ、交尾したオスを殺す毒蜘蛛《ブラック・ウィドー》か......」
 翁は目をつむり、ゴシップ紙の見出しを思い出した。

 ヒトミはこれまでに2度結婚し、2度死別している。
 その相手が資産家ばかりで、莫大な遺産をつづけて相続したとなれば、世間の耳目を集めても無理はない。殺人や陰謀の証拠はまったくないのに、人々はヒトミを冷遇した。そんな中、カツシゲ翁だけが彼女を擁護してくれた。

 くいっと酒を飲み干すと、翁はおかわりを求めた。
「そのへんになさっては...」
 言いながらも、ヒトミはブランデーを注ぐ。翁は笑みを浮かべて、また一気にあおった。飲み方がおかしいので、ヒトミは心配になった。
「なかなか死なんな......」
 熱い息を吐いて、翁はこの1年を振り返った。

 ヒトミと知り合って半年後、翁は婚約を発表する。

 翁の夫人と子はすでに他界しており、死後の財産の行方が注目されていただけに、この発表は大きな波紋を呼んだ。関係者たちは必死になって翁を説得したが、婚姻を止めることはできなかった。

 それもそのはず、翁は死ぬつもりだった。
 翁は心臓を患っており、余命幾ばくもない。人生のすべてに勝ってきた男が、病気に倒れるのは不本意だった。そこで翁は、魔性の女に殺されることを望んだのだ。

「なに言ってるの? 私は誰も殺してないわ」
 しんみり告白されて、ヒトミは目を丸くした。
「それじゃ、あなたは私を信じてなかったの?
 私の無実を唯一信じてくれたから、あなたと結婚したのに!」
 ヒトミは激高し、離婚すると言い出した。

「そ、そんな馬鹿な!」
 なにかに気づいたカツシゲ翁は、屋敷を飛び出した。
 そして無謀な運転の末、崖下に転落してしまった。

 後日、ヒトミは翁の手紙を発見する。
 そこにはヒトミへの惜しみない愛と感謝が記されていた。

 葬儀の朝、喪服をまとったヒトミは、手紙を破って海にまいた。


(997文字)

Share

Next