[Edit]
[旅行2006年08月05日(土)の東京都:都心部にて

とらやの宇治金時 / ちょっとした贅沢タイム

(map)

[WGS84] 35.672497, 139.758378 - Google Earthで開く(kml)

宇治金時に納得するため、今度はとらやに行ってきた。

参加者は私と妻、友人Aの3人。行ってきたのは帝国ホテルの地下にあるとらや。あとで知ったことだが、お値段も1ランク上の高級店舗だったようだ。私たちはドギマギしながら注文した。

とらや:外観
※とらや:外観

宇治金時(1,365円)+白玉×2(53円)

ここの抹茶蜜はよかった。甘みと苦みが共存しているのだ。やっぱり宇治金時は、抹茶の苦みがあった方が美味しいね。しかし苦みを楽しんでいると、小豆がたっぷり残ってしまった。付け合わせの小さな煎餅(最中の皮のようなもの)といっしょに食べると、だいぶ甘さが緩和された。

なかなかのボリューム
※なかなかのボリューム

氷の食感もいいし、白玉も美味しい。練乳やバニラアイスを必要としない風格がある。かなりハイグレードな宇治金時だよ

白玉もウマー♪
※白玉もウマー♪

抹茶(710円)+虎屋最中・桜織(210円)+羊羹・夜の梅(389円)

粟汁粉を食べたかったんだけど、なかったので抹茶と和菓子を注文した。都路里のようなセットはなく、1つずつ選んでいく方式。どれも高級そうな和菓子ばかりだが、私は最中と羊羹を1種ずつ選んだ。

抹茶を楽しもう
※抹茶を楽しもう

いやはや、いいね! 和菓子、サイコー♪ 見た目に美しく、しっかりした甘さをもちながら、後味すっきり。そこで抹茶をすする。ガラスのお椀が涼しげだが、人肌のような温もりがある。口の中にかすかな苦みが広がるが、すっと消えてしまう。
ほほぉー。
甘味→抹茶→ため息の順で楽しむものらしい

フォークじゃないよ
※フォークじゃないよ

あんみつ(1,365円)

A氏はあんみつを注文した。もくもくと黙って食べきってしまった。あんこの美味しさが格別だったらしい。

あんみつ
※あんみつ

帝国ホテル地下のとらやは、なるほど1ランク上だった。そして目的の宇治金時は、ほぼ納得できた。これでもう半端な宇治金時は注文せずに済みそうだ。

関連

Share

Next