[旅行2004年05月06日(木)の兵庫県にて

六甲山・鉢巻展望台 / 車を止める場所がない

#山陰ツアー 公園 夜景
更新日:2020年08月31日(月) 04:02 [Edit]
[WGS84] 34.748797, 135.225209 - Google Earthで開く(kml)

五月山公園の次は、六甲に向かった。

市街地は運転が難しい

カーナビを使用しているにもかかわらず、その道のりは苦難に満ちていた。土地勘がないから、曲がるポイントを見逃してしまうのだ。市街地なので、間違えたときのロスが大きい。六甲トンネル内でUターンするなど、荒っぽい運転をすることになってしまった。
21時過ぎ、表六甲山ドライブウエイに接続できた。

車を停める場所がない!

六甲山を登っていくと、山林の向こう側に夜景が見える。車で走っているから、ちらっと見えるだけ。それがとてもきれいで、運転が危うくなるほどだった。あまり明るくない道であり、よさそうなポイントにはすでに先客がいて、どうにも停められなかった。
すぐとなりに宝石箱のような夜景が広がっているというのに、落ち着いて見られない
めちゃめちゃ歯がゆかった。

鉢巻展望台に出た

ようやく駐車スペースのあるところに出た。あとで調べてみたら、鉢巻展望台というところらしい。大阪、六甲アイランド方面を見渡す高台にあり、六甲山の裾野に広がる街の灯りを一望できた。
六甲山・鉢巻展望台

六甲山・鉢巻展望台

六甲山・鉢巻展望台

ここでも、手持ちのカメラの性能の低さを思い知らされる。
コンパクトカメラでは、夜景は無理だ。ぢくじょー。

六甲山を下りると、本日3つ目のポイントである諏訪山公園に向かった。

関連エントリー