[旅行2006年09月10日(日)の石川県にて

ヤセの断崖 / 自殺の名所と言うが、かなり怖い

#北陸ドライブ 景勝地 海辺
更新日:2020年08月31日(月) 04:02 [Edit]
[WGS84] 37.209644, 136.682968 - Google Earthで開く(kml)

「ヤセの断崖」は、自殺の名所として有名らしい。

そこかしこに自殺を思いとどまるよう警告する立て札があった。
ここは故・松本清張の代表作とも言える推理小説「ゼロの焦点」の舞台らしいのだが、あいにく読んだことがないので格別な感動はなかった。

手すりがない

実際にのぞいてみると、かなり怖かった。
海面まで55mの高さがあるのに、手すりがまったくないのだ

カクッと膝が抜けたら、一巻の終わりだ
※カクッと膝が抜けたら、一巻の終わりだ

手すりはまったくない
※手すりはまったくない

ホントに自殺の名所なの?

自殺しようと思ったことがないのでよくわからないが、ここから飛び降りるのは相当の勇気がいるぞ。飛び降りたとしても、岩場に頭や身体をぶつけて、かなり痛そうだ。
ほかにもっと気楽な死に方があるんじゃないか?

──ふと考える。
(ここは自殺の名所じゃなくて、事故の名所ではなかろうか。
 行政は事故死を自殺として処理してるんじゃないのか?
真実はわからないが、とにかく怖いところだった。

岩場そのものも崩れてしまいそうだ
※岩場そのものも崩れてしまいそうだ

突風が吹いても終わりだな
※突風が吹いても終わりだな

じつは、手すりはあるといえばある。
ただ崖っぷちから遠いので、みんな乗り越えてしまうのだ。「崩れる危険があるから、手すりを乗り越えるな」という立て札もあったけど、ここまで来たら崖から下を見てみたいから、みんな乗り越えてしまうのだ。

なるべく安全にスリルを味わいたいのじゃ

関連エントリー