[Edit]
[創作] 2010年04月20日(火)に書いたショートショート

第76話:ストーカー被害

第76話:ストーカー被害

「最初は、配達ミスだと思いました」

 語りはじめたクミコは、30代半ばのOL。仕事一筋に打ち込んできたので、独身・独り暮らし・彼氏ナシ。「女性の社会進出」の最前線で戦って、気づいたら孤立していたってタイプだ。
 そこそこ整った顔立ちだが、なんとなく声をかけにくい雰囲気がある。硬そうな、脆そうな......。

 そんなクミコに、プレゼントが届くようになった。
 大したものではない。人形とか、コップとか、ストラップとか、女の子っぽい品ばかり。
(いったい誰が? 配達ミス?)
 差出人不明。消印もないので、誰かが直接ポストに投函しているらしい。ポストの上に乗せておくが、翌日またポストの中に戻されてしまう。送り主の正体や意図は不明だが、自分あてに届けられていることはまちがいない。

 気持ち悪かったが、プレゼントの数が増えると、興味がわいてきた。
(少女趣味すぎて、自分には合わない)
 と思いつつも、小物を使ったり、アクセサリーを身につけてみたり。
 かわいい品を使うと、気持ちが華やぐ。ずっと実用性ばかり追求してきたので、こういった品でよろこぶ自分自身に戸惑う。

 誰かが見ている──。
 そう思うと、自室でも背筋が伸びるようになった。

 やがて、ポストに投函していた人物が判明する。
 同じアパートの住人だった。クミコが理由を問いただすと、

「ち、ちがう。おれは仲介しただけだ。
 ずいぶん前に、バイトを頼まれたんだ。好きな女性がいるけど、直接会えないからって。ストーカーかもしれないけど、ほら、あんたの昔の同級生かもしれないだろ?」
 小銭はほしいが、犯罪に関わりたくない男は、ぺらぺら告白した。

(このまま送り主に会わない方がいいかもしれない)
 そう思ったが、そのときのプレゼントは手紙だった。封を切ると、こう書いてあった。

「会いたい。会いに行く」

「その夜、送り主が部屋に侵入してきたので、殺してしまったと?」
「はい。急に襲ってきたので」
 取調室で、被疑者のクミコが淡々と答える。
 送り主がクミコの部屋に忍び込んだことは事実だ。揉み合った痕跡もある。そしてクミコは、侵入者を包丁で刺してしまった。スジは通る。

 刑事であるぼくは、そこで追求をやめた。
 送り主が狙っていたのはクミコではなく、あの部屋に以前住んでいた別の女性だったのだ。送り主は、相手が引っ越したことを知らなかったようだ。
 暗い部屋で対面したとき、2人は気づいただろうか?

 馬鹿なストーカーと、愚かな女だと。


(999文字)

Share

Next