[Edit]
[旅行2006年03月18日(土)の東京都:都下にて

東京競馬場(府中競馬場) / 豪勢なところだった

[WGS84] 35.662491, 139.485393 - Google Earthで開く(kml)

ビール工場に向かう途中、東京競馬場をのぞいてみた。

やたらとゴージャスな施設だった。広いし、天井は高いし、装飾にも金がかかっている。そこらのデパートや遊園地なんか目じゃないよ。でも、なんのため?

至れり尽くせり

まず、駅から競馬場まで伸びる専用歩道橋に驚いた。
めちゃめちゃ長くて、広くて、立派だ。これなら雨が降っても風が吹いても、まっすぐ競馬場に行けるね。

競馬場まで完全誘導
※競馬場まで完全誘導

東京競馬場(府中競馬場)
※東京競馬場(府中競馬場)

施設内には、新聞紙と短い鉛筆をもった人がたむろしていた。みんな行儀が悪く、ベンチを占領したり、床に座ったり、寝そべったりしている。だが、係員は注意するそぶりもない。

やたらと豪華な造り
※やたらと豪華な造り

モニタを見る人々
※モニタを見る人々

見てる前でゴミを投げ捨てる人がいた。すると清掃員がやってきて、きれいに片付けてしまう。「ゴミを捨てるな」と注意するのではなく、無言のケアで美観を保っているのだ。

東京競馬場(府中競馬場)
※トラックに出てみる

東京競馬場(府中競馬場)
※ここで開催されているレースではないようだ

エスカレータごとに1名ずつ、きれいなお姉さんが立っている。足を交差させて直立し、人が通るとおじぎする。さながら「生きたオブジェ」というわけだ。にっこり微笑んだまま、機械的におじぎを繰り返している。

生きたオブジェ
※生きたオブジェ

ここでは、客は神サマなのだ

つまりそういうことだ。お金を落とす神サマだからこそ、徹底的におもてなしをする。

──さぁ、寄り道せず、まっすぐ競馬場へおいでませ!
──豪華な建物がお好きでしょ!
──ゴミは私たちで片付けますから!
──きれいなお姉ちゃんにおじぎをさせます。気分がいいでしょ!

だから気前よくギャンブルに興じろってか? ナめてないか?

ここでは、客は奴隷なのだ

施設のゴージャスさを見れば、胴元がいかに儲けているかがわかる。つまり、客は神サマなんかじゃなく、胴元のためにせっせとお金を落とす奴隷でしかないわけだ。こんなの見ちゃうと、とても賭ける気になれないよ。

JRA
※烙印

東京競馬場(府中競馬場)
府中市にある中央競馬の競馬場。
1933年に開設。老朽化により改築工事中。全面改築完成は2007年春の予定。施設内には競馬博物館もある。
http://jra.jp/turf/tokyo/

私は競馬をやらないし、否定的な印象を持っている。
だからそう見えるのだろうか?

この日の行程

Share

Next