旅行  2008年02月24日(日) の東京都:都心部 にて

ワンフェス2008冬(2) フィギュアの祭典

(map)

[WGS84] 35.632561, 139.797227 - Google Earthで開く(kml)

ワンフェスに来るのは17年ぶりだ。

当時はゼネプロ主催で、規模もずっと小さかった。美少女フィギュアもあったけど、「ガレキ」の主流は特撮ヒーローかロボットだった。
──それが変われば変わるものだ。
現代のワンフェスは美少女フィギュアの祭典になっていた。ある程度は予測していたものの、圧倒されるね。

 ワンフェス2008冬(2) フィギュアの祭典
※東ホール:午前中なので人が少ない

エロかわいい世界

ほとんどのフィギュアがエロかった。
肌が露出していなくても、身体のラインや表情がエロい。エロさを感じてしまう。「おまえがそーゆー目で見ているだけだ」という指摘は甘んじるが、「かわいい」と「エロい」の境界線は曖昧だ

 ワンフェス2008冬(2) フィギュアの祭典
※服装はエロいが、雰囲気はかわいい

 ワンフェス2008冬(2) フィギュアの祭典
※あからさまにエロい

 ワンフェス2008冬(2) フィギュアの祭典
※妙にリアルなお姉さんたち

 ワンフェス2008冬(2) フィギュアの祭典
※村田蓮爾のイラストかな

 ワンフェス2008冬(2) フィギュアの祭典
※マジカルなのはシリーズは大人気だった

変わったもの

レジン製のフィギュアばかりではなく、いろんな材質を使った造形もあった。ただ、全体に占める割合は少ない。

 ワンフェス2008冬(2) フィギュアの祭典
※鉄、紙、粘土、木を使った造形

 ワンフェス2008冬(2) フィギュアの祭典
※リアルドールかと思った

奥にいるエマの髪は硬質なのに、手前のシャーリーは髪はリアル毛髪。しかも表情が大人びていて、なかなか雰囲気がある。シャーリーと気づくのに時間がかかったよ。

オリジナルとカスタマイズのちがい

私もめっきりアニメやゲームに疎くなったので、どれがオリジナル作品か見分けがつかない。また、模型ショップで売られているフィギュアを加工(アレンジ)したものも多い。これも見分けがつかない。

 ワンフェス2008冬(2) フィギュアの祭典
※ゴシックロリータ風のピンキー

ピンキーストリートは至るところにあった。こんなに愛されているシリーズとは知らなかったよ。どっかで見た(たぶん市販されている)パーツで組んだピンキーもいるけど、あれもガレキと呼ぶのだろうか?

エロくないもの

兵器や怪獣といった男のロマンも健在だ。
やはり全体に占める割合は低いが、見つけるとその熱意に感動する。

 ワンフェス2008冬(2) フィギュアの祭典
※ロボット、戦艦、ドラゴン、うさぎの兵隊

 ワンフェス2008冬(2) フィギュアの祭典
※やっぱりジオラマはいい 心が洗われる

 ワンフェス2008冬(2) フィギュアの祭典
※こーゆーのは減ったなぁ

日本刀の誘惑

山海堂のブースがあった。
やはり古今東西の刀剣、武器が販売されていた。なにを隠そう、私は日本刀が大好きだ2000年には、鎌倉まで日本刀を買いに行ったことがある。同行した友人たちは買ったのに、なぜか私だけ買えなかった。
あの山海堂が、ワンフェスに出店しているとは知らなかった。

 ワンフェス2008冬(2) フィギュアの祭典
※いろんな日本刀がある

 ワンフェス2008冬(2) フィギュアの祭典
※ほほほほほほほほ、欲しい

抜刀すると心がざわめく。
値段は3万円前後。買えないわけではない。買えないわけではないが、私は逃げた。自分でもよくわからない。買ってはイケナイと、"なにか"が囁いたのだ。

お気に入り

東コーナーで気に入ったフィギュアの写真を載せておく。

 ワンフェス2008冬(2) フィギュアの祭典
※上杉謙信も人気が高い

 ワンフェス2008冬(2) フィギュアの祭典
※なにか設定がありそうな2人(不明)

 ワンフェス2008冬(2) フィギュアの祭典
※一斗缶攻撃(なんのキャラ?)

 ワンフェス2008冬(2) フィギュアの祭典
※キャラも背景も素晴らしい(キツテフヴィネットシリーズ・ガランス)

 ワンフェス2008冬(2) フィギュアの祭典
※段ボールに隠れるスネーク

 ワンフェス2008冬(2) フィギュアの祭典
※なんのシーンだろう(不明?)

 ワンフェス2008冬(2) フィギュアの祭典
※巻物もちゃんと作ってある

撮影は難しかった

コミケと違って、ワンフェスは撮影するものがいっぱいある。そのせいか、カメラを持参する客も多く、秀逸なフィギュアの前は大混雑だった。苦労してファインダーにとらえても、シャッターを切るときに押されたり、視界を遮られることも多かった。

 ワンフェス2008冬(2) フィギュアの祭典
※邪魔すんなッ!

会場に十分な光量はない。手ブレを防ぐため、シャッタースピード優先とISO増感を試したが、被写界深度が狭くなりすぎた。一脚という手もあるが、やはりフラッシュが必要だな。

 ワンフェス2008冬(2) フィギュアの祭典
※簡易撮影スタジオもあった

東コーナーには、その場でフィギュアを撮影できるスタジオがあった。あれは客向けのサービスだろうか? ちゃんと撮るなら、ああいう機材が不可欠だな。つまり私の写真は、制約条件下のスナップでしかない。

まぁいい。次は西コーナー(企業ブースとコスプレ)を見に行こう。

(つづく)

コメント (Facebook)

思考回廊 旅行
ワンフェス2008冬(2) フィギュアの祭典