レビュー  1999年11月10日  に発表された 

ハーフライフ: オポージングフォース (PC)
Half-Life:Opposing Force

3ツ星

もう1つの本編

あらすじ

海兵隊のAdrian Shephard伍長は、Black Mesa Research Facilityの事故を隠蔽するために派遣される。ところがエイリアンの攻撃によって部隊は壊滅し、研究所に取り残されてしまった。Shephard伍長は生き残った仲間と合流し、首謀者と目されるGordon Freemanを追って、施設の深部へ足を踏み入れる。

「Half-Life」本編を別の角度で描いた拡張パック。Opposing Forceは「反力」とか「敵対勢力」といった意味らしい。後日談やマップ拡張ではなく、同じ場所、同じ時間帯を描くアイデアがおもしろい。Freemanとの直接対決はないが、あちこちでニアミスがある。タイムスリップして、自分で自分を見ているような興奮があった。
Opposing ForceはFPS戦闘がメインになっている。本編よりボリュームがあるが、ストーリー的な新発見はあまりない。物足りないと言えば物足りないが、続編じゃないから仕方ないか。

合流できる3人の仲間は、直接戦力になるsoldier、体力を回復してくれるmedic、バーナーで扉を焼き切ってくれるengineerと、役割分担がしっかりしている。見た目もユーモラスで親しみを感じるが、ストーリー的な絡みがないため、道具と同じ扱いになってしまう。誰を連れて行くか、誰を犠牲にするかの選択があるとおもしろいと思うが、まぁ、このへんを充実させてしまうとFPSから乖離してしまうか。

結末は本編と同じ。安直な気もするが、これはこれでいい気もする。



Steam: Half-Life: Opposing Force

 Googleで「ハーフライフ: オポージングフォース 」を検索する
 Wikipediaで「ハーフライフ: オポージングフォース 」を検索する
 IMDBで「Half-Life:Opposing Force」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] 0761525904
思考回廊 レビュー
ハーフライフ: オポージングフォース (PC)