[Edit]
[レビュー2011年03月19日に発表された 

プリキュアオールスターズDX3 未来に届け! 世界をつなぐ☆虹色の花

Precure All-Stars DX3 Mirai ni Todoke! Sekai o Tsunagu Niji-Iro no Hana

「いつの間にかすごい数だな、プリキュア!」

プリキュアシリーズの歴代作品のクロスオーバー作品の第3作目。気がつけば美少女戦士が21人。キャラクターデザインのちがいも大きく、見ていて目がチカチカする。慣れたけど、慣れないが、まぁ、慣れた。

本作ではメンバーが系列ごとに分断される。パートナーがいないと戦いのリズムがとれない、という展開はおもしろかったが、心のもちようで乗り越えてしまったのは残念。各キャラが「らしくないこと」をしたり、即興コンビを作ればよかったのに。まぁ、難しいだろうけど。

プリキュアのノリは、かぎりなく昭和の仮面ライダーに近い。黄金パターンではあるが、いささか単調だ。いっそ戦闘をせず、ひたすらお茶を飲むようなクロスオーバーがあってもいい気もするけど......それはそれでファンが喜ばないのかな。

Share

Next