創作  2013年12月21日(土)に書いた ゆっくり文庫

【ゆっくり文庫】森鴎外「高瀬舟」

【ゆっくり文庫】森鴎外「高瀬舟」

腑に落ちぬことは、腑に落ちぬ。

*** コメント待ってます ***

原作について

森鴎外

森鴎外
(1862-1922)

 国語の教科書にも載った森鴎外の短編小説。テーマは「知足」か「安楽死」かで論争があったようですが、私が気になったのは庄兵衛の思考停止です。
 せっかく喜助の話を聞いて我が身を省みたのに、答えが出ないと判断を上司にゆだねてしまった。腑に落ちぬものを、そのように誤魔化してはならない。そんな思いで翻案しました。原作の1分後まで描いたと思ってください。

 大正5年。日本は恐れと欲望から帝国主義に狂奔していました。人々は自分の判断を、上にゆだねていたのでしょう。「高瀬舟」は、そうした世相への疑問が込められているのかもしれません。

動画制作について

 文章では気にならないが、映像で独白がつづくと冗長になる。初稿では庄兵衛のセリフは倍ほどあったのに、映像にする段階でカットしまくった。安楽死について考えるとき、「おれも、母がいなくなればと考えたことがないわけではない」というモノローグも削除。作業も大変だが、心情的にもつらい。精進が足りぬ。

完璧とは、これ以上加えられないときではなく、
これ以上削りとれないときに達成されるようだ。

──アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

 金曜日に「ゆっくりMovieMaker」のバージョンアップがあって、キャラクターのフェードアウトや表情レイヤーでの口パク解釈が変わった。おかげで修正することになり、公開が土曜にずれ込んだ。べつに金曜にこだわる理由はないけどさ。

 表情をつけたままフェードアウトさせたいので、切り出したキャラクターの画像を配置した。このあたり、「ゆっくりMovieMaker」の利用者しかわからない話かな。細かいところにこだわっても、視聴者が気づかなければ意味がない。しかし「ていねいな作り」とは、そういうものかもしれない。自分でもバカバカしいと思って、作業を止められない。


※死んだ妖夢

 オブジェクトの移動がわかったので、月を動かしてみた。少しずつ表現力が上がってきていると思う。【ゆっくり文庫】のスタイルをもっと研究してみたい。

 次はオスカー・ワイルドの「幸福な王子」をお届けする予定。

コメント (Facebook)

ゆっくり文庫 (70)

思考回廊 創作
【ゆっくり文庫】森鴎外「高瀬舟」