旅行  2013年06月07日(金) の東京都:東部 にて

絶品ジビエランチ / 本郷Bistro Abats

(map)

[WGS84] 35.705232, 139.75832 - Google Earthで開く(kml)

 本郷三丁目にある Bistro Abats でランチを食べてきた。

 ここは2011年に、L氏とN氏の3人で訪れたところ。生ハム、テリーヌ、リエット、ロースハムなどの盛り合わせは絶品だった。どれほど美味だったか、言葉が出てこない。肉の旨味も、新たな地平を体験させてもらった。
 また行きたいと思っていたが、ちと高いんだよね。人数がほしい。ランチがあることを知ったので、嫁と行ってみることにした。思いのほかボリュームがあって、大満足だった。

Bistro Abats
※Bistro Abats 本郷三丁目から徒歩5分くらい

本郷三丁目の昼下がり

 店に着いたのは13時ちょい前。カウンターは埋まっていたが、2つしかないテーブルが残っていた。今日のランチは私たちが最後の客になる。店主が1人で切り盛りしてるから、数をさばけない。
 ランチメニュー5つのうち2つが終わっていた。残った肉料理2つを注文し、これはこれで大満足したんだけど、売り切れたメニューが気になってしまう。この店が近所にあったらなぁ。

本郷Abats

6月8日のランチ

自家製ジャンボンドパリのサラダ仕立て (950円)
若鶏もも肉のソテー マッシュルームのソース (950円)
ブーダンノワールのキッシュ (950円)
サクラマスのポワレ (1,050円)
豚肩肉のロースト (1,050円)

自家製ジャンボンドパリのサラダ仕立て (950円)

 嫁の注文。野菜がてんこ盛りになっていた。ハムが一枚だけ? と思ったけど、豆の下にもハムは広がっており、大きい。野菜も歯ごたえがあって、うまい。大の男でも十分満足できるボリュームだ。

本郷Abats:自家製ジャンボンドパリのサラダ仕立て
※自家製ジャンボンドパリのサラダ仕立て:すごいボリューム

本郷Abats:自家製ジャンボンドパリのサラダ仕立て
※脂身がとろけるハム

 ジャンボン・ド・パリは、豚のもも肉をブイヨンで湯煮した加熱ハム(らしい)。パンとよく合う。皿の上にあるものすべてをサンドイッチにしたい。
 私の皿にもあったけど、ニンジンがうまい。フォークを立てると硬いのに、食べると硬くない。しかも味がついている。ラタトゥイユじゃない。どうやって調理したんだろう?

豚肩肉のロースト (1,050円)

 どでんと豚肉の塊があるだけ。こりゃ飽きそうと思ったが、さにあらず。肉の味付けはうすく、塩がほしくなった。しかし塩が足りないおかげで、肉の味がよくわかる。塊だが均一ではなく、外側と内側、脂身と赤身のちがいを楽しめる。うまうま。

本郷Abats:豚肩肉のロースト
※豚肩肉のロースト:肉のでかさが伝わるだろうか

本郷Abats:豚肩肉のロースト
※塩味ではなく、肉味

 ローストだから焼いてるんだろうけど、ふつうに焼いてもこうはならない。わからない。わからないんだぁ。
 この店のシェフけん氏は、世界中を旅してまわり、イタリア、フランス、ハンガリー、トルコなどで修行したそうだ。内蔵料理、ジビエ料理なんて、どうやって学ぶんだろう。まったく想像できない世界だ。

本郷Abats:

 近ごろ私は外食に魅力を感じなくなっているが、満足してしまった。いやはや。
 2人で2,000円。都内じゃ1Kのランチは珍しくないけど、ここまで満足できるランチも珍しい。困ったもんだ。

 ごちそうさま♪

コメント (Facebook)

思考回廊 旅行
絶品ジビエランチ / 本郷Bistro Abats