[レビュー2004年03月06日に発表された 

イノセンス Innocence: Ghost in the Shell 2

#攻殻機動隊 サイボーグ ロボット:自律型 人形 刑事・警察 電脳 @士郎正宗 @押井守
更新日:2009年04月10日(金) 15:26 [Edit]

押井守の悪いところが噴出してしまった

2つの不満がある。
1つ目は、CGを使いすぎ。
『攻殻機動隊』までは味付け程度だったのに、本作ではクドいほど前面に押し出されている。あまりにも品がない。

2つ目は、禅問答しすぎ。
登場人物全員が、引用句で語っている。禅問答は好きだけど、これじゃわけがわからないよ。

雰囲気やプロットが素晴らしいだけに惜しまれる。
繰り返し見て楽しめるのは事実だが、解説字幕が欲しい。士郎正宗の漫画のように、びっしり書き込まれた字幕があれば、1フレームずつコマ送りして楽しめそうだ。