[Edit]
[レビュー2011年11月15日に発表された 

Dragons: Gift of the Night Fury

Dragons: Gift of the Night Fury

うれしくて、泣ける

『ヒックとドラゴン』(2010)のスピンオフにして後日談。パーク島の人々がその後を見られるのは楽しい。なんだか彼らが、この地球上のどこかに生きているような気がする。

ヒックがトゥースに示した優しさは、ある覚悟を秘めていた。それにトゥースは、思わぬかたちで応える。そのヤリトリがたまらない。うれしい。うれしい以外の言葉が出てこない。うれしくて、泣けてしまった。22分しかないのに、こんなに感動できるとは思わなかった。

Share