[Edit]
[レビュー2006年10月01日に発表された 

かもめ食堂

Kamome Diner

はじまりも終わりもなく、「途中」を描いたストーリー

特殊な状況に、平凡とは言えない人たちが集まって、独特のテンポで、間の抜けた事件を重ねていく。それもまたリアルと思ってみていたが、不条理なシーンが入ったので、ファンタジーに落ち着いてしまったのは、ちょっと残念。

なさそうで、ありそうで、なさそうな話。
なにかが起こりそうで、起こらなそうで、じつは起きていたかもしれない話だった。

Share

Next