レビュー  1977年03月19日  に発表された 

劇場版 大鉄人17 空中戦艦
Daitetsujin 17 Kuchu Senkan

3ツ星

シリーズの分岐点

第15話「ゴメス! 戦場に散る」の再編集版。この第15話を機にテコ入れされ、『大鉄人ワンセブン』はコミカル路線に傾倒していく。私はもちろん、前半の寡黙なワンセブンが好きだったので、楽しめたのはここまで。残りは惰性になる。

もともと前後編だったストーリーを圧縮しているため、状況がわかりにくい。ルミちゃんを人質の取られ、空中戦艦に反撃できないワンセブン。一方、ブレイン党では、キャプテンゴメスがクーデターを画策していたが、ブレインの知能と自我によって失敗する。あわれゴメスは、爆弾を積んだ空宙戦艦で特攻させられる。ゴメスの最後はかっこいい。しかし三郎たちはルミちゃん救出にかまけ、ブレイン党の地殻変動に気づいていなかった。

シリアスすぎる。ここまで盛り上げておきながら、16話から路線変更されるなんて信じられない。信じたくない。特撮のテコ入れが成功した例って、あるんだろうか?

 Googleで「劇場版 大鉄人17 空中戦艦」を検索する
 Wikipediaで「劇場版 大鉄人17 空中戦艦」を検索する
 IMDBで「Daitetsujin 17 Kuchu Senkan」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000UETYB2
思考回廊 レビュー
劇場版 大鉄人17 空中戦艦