[Edit]
[レビュー2009年03月21日に発表された 

オカルト

Occult

冗長だけど、ぶっ飛んだラストは痛快

殺人鬼、日本神話、超能力、UFO、異次元など、霊現象以外の「オカルト」を混ぜ込んだ作品。「オカルト」という言葉からイメージするようなストーリーではない。私もホラー映画ファンのはしくれ。次の展開をあれこれ予測しながら見ていたが、まったく当たらなかった。先が読めない。

『ノロイ』と同じくフェイク・ドキュメントだが、現象が荒唐無稽すぎて、ちぐはぐな印象を受ける。「いくらなんでもそれなナイ!」とツッコミながら見ていたが、いっこうに方向性が見えず、憂鬱さが増していく。居酒屋で女性にからんだり、路上で口論したり、どうでもいいところでストレスがたまる。男性のアップが多いことも、気持ちを萎えさせた。

しかし最後で報われた。これがやりたかったのか! 『ウルトラQ』のような奔放さに感動した。
オススメできる映画ではないが、最後の15分はおもしろかった。

Share