レビュー  2011年12月02日  に発表された 

ルパン三世 血の刻印 ~永遠のMermaid~
Blood Seal - Eternal Mermaid

2ツ星

これからに期待していいの?

TVスペシャルシリーズ第22作。最大の見どころは、石川五エ門、峰不二子、銭形警部の声優交代だろう。3人ともうまく演じているが、似せようとするあまり「変わった感」がない。もっと個性を出せるのに、抑えている感じがする。それだけ『ルパン三世』の声優問題は根が深いと言うことか。私はシリーズの現状にうんざりしてるので、一気に、ダイナミックに変えてほしかった。

ストーリーは例によってつまらない。ルパンの存在意義を問うているのに、これと言った答えはない。ゲスト少女もステレオタイプ。なによりボス役の氷室が安っぽい。終盤はゲーム『バイオハザード』を見ている気分だった。それでも前作『Last Job』よりマシか。

ルパン三世は声優だけでなく、ストーリーについても考え直してほしい。

 Googleで「ルパン三世 血の刻印 ~永遠のMermaid~」を検索する
 Wikipediaで「ルパン三世 血の刻印 ~永遠のMermaid~」を検索する
 IMDBで「Blood Seal - Eternal Mermaid」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B006H0LBPU
思考回廊 レビュー
ルパン三世 血の刻印 ~永遠のMermaid~