[レビュー2010年01月27日に発表された 

家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ 完結版 Swiss Family Robinson

ファンタジー:童話 家族
更新日:2011年08月10日(水) 03:35 [Edit]

あぁ、こんな作品だったっけ

テレビで放送されていたのでチェック。全50話(1話20分として1000分)を90分に凝縮した「完結版」と呼ばれる映像だった。テレビ放映時も見ていたけど、内容をだいぶ忘れていた。頼りになるお父さんと、あわててばかりのお母さんの対比がおもしろい。現実的なフランツと夢見がちなフローネも組み合わせもいいね。土台がしっかりしている。

遭難し、生活環境を整え、通りかかった船に気づいてもらず、モートンとタムタムと出会い、自力脱出をはかる。1つずつ問題を解決していく。総集編なので、全体としての抑揚は欠けるが、ほどよくフローネの世界を思い出すことができた。
それにつけても、お父さんは頼りになるね。素晴らしい。

関連エントリー