[レビュー1979年12月15日に発表された 

戦国自衛隊 G.I. Samurai

タイムトラベル 主人公は軍人 時代劇
更新日:2013年05月20日(月) 19:20 [Edit]

なぜ青春映画にした!?

これほど馬鹿な映画とは思わなかった。伊庭陸尉は部下を統率できず、まともな作戦を立案できず、戦闘もめちゃくちゃ。彼らの武器は戦車や銃ではなく、未来の知識だろう。未来に戻るにせよ、闘争本能を満たすにせよ、賢く行動しろ。これじゃ自滅して当然だ。

原作はSF小説だが、監督は青春映画を撮りたかったようだ。そのため青春を題材にした歌が何度も何度も挿入される。こいつらは大学生なのか? 武器をもった大学生がタイムスリップした映画なのか? 呆れ果てる。

しかも139分もある。長い。長すぎる。最後まで見るのは本当につらかった。

関連エントリー