[レビュー1983年03月12日に発表された 

クラッシャージョウ Crusher Joe [Movie]

SF:スペースオペラ 宇宙開発 災害救助 @安彦良和
更新日:2017年05月09日(火) 15:27 [Edit]

悪ノリの時代だった

安彦良和の初監督作品。キャラは愛らしく、メカはかっこよく、よく動くのに崩れない。おまけに声もいい。当時、アニメファンの期待は大きかったが、想像以上にクオリティは高かった。またモブキャラのお遊びを見つけることも楽しかった。
しかし大人になってから見返すと、ストーリーの弱さに愕然となる。あのころはSFと思っていたが、ちがう。これはアニメだ。お遊びも目立ちすぎる。

2016年末、Blu-ray BOXが発売された。そのプロモーション映像を見たけど、ほんとに絵がきれい。よく動く。たまらない。80年代の童心がよみがえってくる。

でもストーリーは弱いんだよねぇ。

関連エントリー