[Edit]
[レビュー2000年12月23日に発表された 

劇場版 エスカフローネ

Escaflowne: The Movie

画面密度は高いが、内容的には......

重いところというか、手応えがない映画だった。バァンには人間性が、ひとみには主体性が感じられず、土砂流に流されていくのを見ているようだった。ラストも淡泊。

しかし絵はすごい。よく描き込まれていて、よく動く。生物兵器の操縦はひたすら痛そうで、強い印象を残した。

私はテレビシリーズを見ておらず、劇場版を作るにあたってどこをどう変えたかは知らないが、時間が足りてない印象。世界を描かずにファンタジーは成立しないと思った。

Share

Next