レビュー  2002年05月03日  に発表された 

コラテラル・ダメージ
Collateral Damage

2ツ星

シュワちゃんには無理な話だった

一介の消防士がジャングルの奥に潜入して、テロ集団と戦う!
荒唐無稽な設定だが、それはいい。ただ、映画のタイトルにもなっている政治的な駆け引きが薄いのは残念。後半でだいぶ盛り上がってくるものの、善悪の構図は変わらない。無難にまとめられた気がする。

なんのためのコラテラル・ダメージだったのか?
要するに、アメリカ側の策謀がぜんぜん描かれていない。

まぁ、政界進出を目指すシュワルツェネッガーには無茶なテーマだった。テーマを省く代わりに、ジャングル編(悪をぶちのめすアクションシーン)を作ったような気がするね。

 Googleで「コラテラル・ダメージ」を検索する
 Wikipediaで「コラテラル・ダメージ」を検索する
 IMDBで「Collateral Damage」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000GDIATY
思考回廊 レビュー
コラテラル・ダメージ