[Edit]
[レビュー1987年12月01日に発表された 

魔境外伝レディウス OVA

Makyou Gaiden LE DEUS

中身がなかった

2017年に鑑賞。「レディウス」なのか「レ・ディウス」なのか? 1987年発売だから、私は16歳。ちょうど『イクサー1』が完結し、『破邪大星ダンガイオー』がはじまった年か。サントラのパッケージを見て、キャラクターデザインが阿乱霊と気づく。そうそう、だから名前を知っていたんだ。当時の私はレンタルビデオを借りることができず、そのまま忘れてしまっていた。


※当時の作品イメージ

阿乱霊はキャラデザのみで、企画脚本に絡んでないようだが、当時の阿乱霊の漫画からエロを抜いたような雰囲気。無敵の快男児、人間外の美少女、チープでマッチョな敵、複雑なSF設定、唐突なスーパーロボット・・・。つまり、おもしろくない。キャラクターも浮いている。阿乱霊のデザインは漫画だからこそ許されるのであって、アニメ向きじゃない。それでも「阿乱霊をかませればOVAが売れる」と思われていたんだろうか?

よくわからないまま敵を倒して終了。続編の構想はあったらしいが、シリーズ物の第一話として作ったようには見えない。「こいつらの活躍をもっと見たい!」と思わせる魅力もない。あらゆる点で中途半端。当時、見なくて正解だった。

本作について語ることはないが、80年代の空気をちょっと思い出せたのはよかった。

Share

Next