レビュー  2013年11月30日  に発表された 

攻殻機動隊 ARISE border:2 Ghost Whispers
Ghost in the Shell: Arise #2 Ghost Whispers

2ツ星

素子の考えがわからない

素子は公安9課に属さず、フリーランスの部隊を創設することにしたようだが、理由がわからない。スポンサーも法的な後ろ盾もなく、武器弾薬を調達できるんだろうか? なのに隊員が次々に見つかるから混乱する。彼らは素子になにを期待しているのか?

事件はふたたび擬似記憶がらみ。ソガ大佐、バトー、イシカワはいいように利用されたわけだが、心をいじられたことへの怒り、恐怖、不安は感じられない。擬似記憶をかまされても電脳はやめられないが、苦悩しないのは奇妙だ。このシリーズは心理描写が弱い。

ヴィヴィーはAIでありながら、ゴースト(自我)があると言う。全身義体の素子にとっては衝撃的な事実のはずだが、やはり反応なし。素子の目はちゃんと開いているのか?

 Googleで「攻殻機動隊 ARISE border:2 Ghost Whispers」を検索する
 Wikipediaで「攻殻機動隊 ARISE border:2 Ghost Whispers」を検索する
 IMDBで「Ghost in the Shell: Arise #2 Ghost Whispers」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00DIOB46O
思考回廊 レビュー
攻殻機動隊 ARISE border:2 Ghost Whispers