DOOM/ドゥーム:アナイアレーション Doom: Annihilation

2019年 外国映画 3ツ星 SF ゲーム:シューティング モンスター 主人公は軍人 地球外生命 宇宙開発

まさかのバッドエンド?

 2005年の実写映画と連続しない、リブート映画。Annihilationは「消滅」という意味だが、本編を示していない。主人公は女性兵士で、2005年版より合理的。テンポもよくなったが、チープな感じは拭えない。

 ドラム缶を撃って爆破は笑った。すぐ抱きつく娘は地味に怖かったが、食われてしまったのは意外。人工知能が侵食されても、博士より賢くなることはなかった。キグルミ怪人の気功拳は、日本の特撮っぽい。BFGはゴツいわりに軽くて萎えた。そしてラスボスのセリフに字幕がついて笑ったが、人類を見下す内容で萎えた。チーーーーーープ。

 命からがら帰還したのに、まさかのバッドエンド。あるいは続編を匂わせた終わり方と言うべきか? 勝利エンドは難しいようだ。

関連エントリー

DOOM

DOOM

2005年の外国映画 ★2
SDI (AC)

SDI (AC)

1987年のゲーム ★3
ギャラガ / GALAGA (AC)

ギャラガ / GALAGA (AC)

1981年のゲーム ★3
ギャラクシアン / Galaxian (AC)

ギャラクシアン / Galaxian (AC)

1979年のゲーム ★4
Cuphead (PC)

Cuphead (PC)

2017年のゲーム ★4
スペースハリアー (AC)

スペースハリアー (AC)

1985年のゲーム ★4
ぎゃる☆がん (Xbox360)

ぎゃる☆がん (Xbox360)

2011年のゲーム ★3
ナイトストライカー (AC)

ナイトストライカー (AC)

1989年のゲーム ★4
はじめてのWii (Wii)

はじめてのWii (Wii)

2006年のゲーム ★4
バーチャコップ 2 (AC)

バーチャコップ 2 (AC)

1995年のゲーム ★4