[Edit]
[レビュー2004年05月26日に発表された 

コゼットの肖像 (全3話) Le Portrait de Petite Cossette

本物のロリコンは外見だけを重視しない

難解な作品だ。なにがどうなって、どうなったのか。着いていける人がどれほどいるのか。こんな話を見たかったような、これじゃないような。
ゴシックロリータのコゼットが、あまり少女らしくないんだよね。まぁ、それには理由があるんだけど、ロリコンの心をくすぐる愛らしさがない。3話まで通してみると、つまり本物のロリータは外見だけじゃ満足しないってことがわかるわけだが、その先がない。しかしロリコンに進むべき道はないのだから、これはこれでいいのかも。

うーん。わからん。どうなってほしかったか、それさえわからん。

Share

Next