The Dollmaker [10分] The Dollmaker

2017年 外国映画 5ツ星 ホラー 人形 短編映画

「お金を返せと言われたことはありません。」

わずか10分。ロケ地は地下室と居間と玄関だけ。小道具もわずか。だけど、おもしろい。視聴時間の何倍も考えてしまった。しばらくすると細部を忘れてるので、また見てまた楽しめる。こーゆー短編を作りたいよね。

ドールメーカーは死者の人形を作る。人形は触れると生命を宿すが、効果があるのは思い出の場所だけ。守るべきルールが1つ。人形といっしょに居ていいのは一日に一回、砂時計の砂が落ちるまで。それ以上いると心が駄目になり、ウソを信じてしまう。
すべては説明されていた。The Dollmaker に責任はない。しかし...

主人公は人形を捨てられただろうか? 捨てたことで、幸福になれただろうか? というか、人形によって幸福になったケースはあるのか? あるいは容量用法を守って、人形と共存できるのか? たとえば死んだ恋人と1日1回の逢瀬を、いつまでもいつまでも楽しむとか。それは幸福なのか? 正気と言えるだろうか?

The Dollmakerはお金を返せと言われたことはないそうだ。魔法にかかった客はそれどころじゃないし、魔法が解けた客もそれどころじゃなくなるのか。