[Edit]
[レビュー1992年07月31日に発表された 

永遠に美しく...

Death Becomes Her

楽しく、怖い

映画公開当時、メリル・ストリープ、43歳。ゴールディ・ホーン、47歳。老いたとは言えないが、盛りを過ぎた美女たちの迫力がすさまじい。首がぽっきり折れて、お腹に穴が空いて、笑いたいけどはばかられる。ドタバタコメディなんだけど、立派にホラー映画になっている。

主役の冴えない男は誰かと思えば、ブルース・ウィリスだった。ずっと流されてきたのに、限りある命の唐突さを訴えるのは不自然な気がする。自分の人生を翻弄した美女2人への当てつけかと思ったが、本当にいい人だったみたいで、いささか拍子抜け。しかし一方で、信念を曲げなかった妖怪2体はよかった。美女は薄皮一枚とはよく言ったもんだ。

悪趣味は悪趣味だけど、おもしろかった。

Share

Next