[Edit]
[レビュー2012年06月28日に発表された 

バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所

Berberian Sound Studio

意味不明

慣れない職場、仕事内容、人間関係、言葉の壁、文化の違いから、主人公がだんだん狂っていく映画だろうと予想され、実際、狂っていくわけだが、主人公は自分が狂っているとは思わないため、不気味なシーンが連続するだけの映画になってしまった。なにげ原因で、どこから現実を見失ったのかわからない。リアルと言えばリアルだが、娯楽としてはサッパリ楽しめない。

なにかドラマがあるだろうと期待していたが、神経を擦り減らし、唐突なクレジットで脱力した。疲れる映画だった。

Share

Next