レビュー  2014年08月15日  に発表された 

マンホール
Septic Man

2ツ星

コメディのない毒々モンスター

あらすじ

ジャックは熟練の配管工。過去に街を救ったこともある。ある日、原因不明の水質汚染が発生し、避難命令が出される。ジャックはプロッサーという男に依頼され、町に残って汚染の原因を調べることになった。
調査中、ジャックは下水溝に落ちて、出られなくなる。ジャックは汚染され、身も心に怪物になっていく。

あらすじから想像される「出られない恐怖」はなく、ひたすら不可解な状況に翻弄されるだけ。プロッサーという男が黒幕だろうと思いきや、途中で彼自身も囚われの身となる。わけがわからない。汚染されたジャックが幻覚を見ているとしても、やっぱり意味不明。

汚物を愛でる救世主、ジャック。

すべては監督が見た幻覚だったのかもしれない。

 Googleで「マンホール」を検索する
 Wikipediaで「マンホール」を検索する
 IMDBで「Septic Man」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00U5VY0JQ
思考回廊 レビュー
マンホール