ネクロノミカン 禁断の異端書 Necronomicon

1993年 外国映画 3ツ星 クトゥルフ神話 ホラー モンスター

原作どおりに作れ、とは言わないが...

H.P.ラヴクラフトの短編3本セット。どれも原型を留めないほどアレンジされているが、おもしろくなったとは言い難い。とはいえ、原作がおもしろいわけでもない。うまくアレンジしてほしいのだが...

序章 / ザ・ライブラリー (Library)

[あらすじ] 1932年、HPLは密教寺院のち家書庫で魔導書「ネクロノミカン」を発見。僧侶の目を盗んで書き写しはじめる。ネクロノミカンが書庫から外されたことで、なにかの封印が解かれてゆく。

[感想] まさかのHPL登場。密教寺院が都市部にあるのは奇妙だが、ロケ地の雰囲気はばっちり。封印解除が機械的なのも新鮮。

壁のなかの鼠 / ザ・ドラウンド (The Drownd)

[あらすじ] 主人公は貴族のエドワード。伯父ジェスロが亡くなり、ニューイングランドの海崖に建つ古いホテルを相続する。伯父の手紙を見つけ、読みはじめる。
60年前、伯父はネクロノミカンを使って死別した妻子を復活させるが、モンスターと化していたため、恐怖と悔恨から崖から身を投げた。
エドワードも婚約者を復活させるが、やはりモンスターと化す。さらにホテルの地下から巨大な怪物が出現。復活した人々は、この怪物の触手に過ぎなかった。
エドワードはホテルのシャンデリアを落として怪物を撃退した。

[感想] 修道院がホテルに。食人が死者復活に。呪われた血筋という要素は省略された。まー、別物だね。序盤に登場する不動産屋の女性がやたら美人で浮いていた。状況説明して、それっきりとは思わなかった。

冷気 / ザ・コールド (The Cold)

[あらすじ] 記者デイルは、40年で11人が殺された事件を調査していた。関係者とおぼしきマデン博士のアパートを訪ね、管理人のエイミーから話を聞く。
22年前、エイミーの母・エミリーがこの家に越してきて、マデン博士と知り合う。博士は当時100歳を超えるはずだが、外見はふつうの初老の紳士だった。ただ特殊な皮膚病にかかっているため、屋敷の中を極度に冷やしていた。
エミリーはマデン博士の秘密を知る。博士は身体を冷やすことと、人間の骨髄液を摂取することで「死という病気」を抑えていた。エミリーは博士と肉体関係をもち、妊娠する。博士を世話する管理人・リナは、エミリーに嫉妬する。あるとき三者の諍いから博士は溶けて死亡。エミリーは撃たれて死亡したが、エイミーが産んだという。
話を聞いていた記者は、エミリーが博士の病気に感染したこと、エイミーこそエミリー本人であると喝破する。しかし記者はコーヒーの薬で昏倒、髄液を抜かれることに。赤ん坊は22年経っても産まれてこない。

[感想] 若い女性を主人公にして、博士と恋仲になるのはよかった。ふたりの女性が赤ん坊を介して仲良くなるのもいい。しかし記者が無防備にやられてしまったのは拍子抜け。むしろ記者は不要だった。熱を帯びた博士の身体が崩れ、眼球がしぼむシーンは印象的。
本作は金子修介が監督、伊藤和典が脚本をつとめている。どういう経緯で日本人スタッフが採用されたのだろう? なんとなく、アニメでやったらおもしろかったと思う。

闇に囁くもの / ウィスパーズ (The Whisper)

[あらすじ] 警察官のサラとポールは犯人を追跡中にパトカーで事故を起こす。サラは不審な老夫婦に救われ、ポールは「ブッチャー」という魔物にさらわれてたらしい。あとは、よくわからない。

[感想] 原作要素が微塵も残ってない。スプラッターの連続で、ストーリーもない。設定もない。わけがわからない。

エピローグ / ザ・ライブラリー (Library)

[あらすじ] ラヴクラフトはネクロノミカンの魔物に襲われるが、僧侶を身代わりにして脱出した。

[感想] それでいいのか...

駄目ではないが、よくもなかった映像化だった。

関連エントリー

1993年 外国映画 3ツ星 クトゥルフ神話 ホラー モンスター
Dagon: by H. P. Lovecraft (PC)

Dagon: by H. P. Lovecraft (PC)

Dagon: by H. P. Lovecraft
2021年のゲーム ★3

読んでる人はうれしい。  ラブクラフトの小説「ダゴン」の情景を体験できるゲーム。無料!  選択肢やインタラクトはなく、読み上げられるシーンを一人称視点で眺めるだけだが、なかなか興味 (...)

災厄の街(トビー・フーパー) / マスターズ・オブ・ホラー (S2-14)

災厄の街(トビー・フーパー) / マスターズ・オブ・ホラー (S2-14)

The Damned Thing / Masters of Horror
2006年の海外ドラマ ★2

引っ張って、振り回して、投げっぱなし あらすじ 24年前、不気味な粘液によって両親を喪った少年は、保安官になって現象の再来に備えていた。しかし警戒するあまり妻と子と別居し、家中に監 (...)

ソング オブ ホラー / Song of Horror (PC)

ソング オブ ホラー / Song of Horror (PC)

Song of Horror
2019年のゲーム ★3

盛り込みすぎた。  3人称視点、カメラ固定のサバイバルホラー。全5章。  著名な作家が家族ごと行方不明になって、その広大な屋敷を探索する。プレイアブルキャラクターは編集者や電気技師 (...)

Dementium II (PC)

Dementium II (PC)

Dementium II
2010年のゲーム ★2

ここまでオリジナリティがないのも珍しい あらすじ ブライト・ドーン治療センターはかつて重警備刑務所だったため、監獄のような構造になっている。入院患者のウィリアム・レッドモアーは、脳 (...)

キャビン

キャビン

The Cabin in the Woods
2012年の外国映画 ★4

ホラーを楽しむ感性を暴く 馬鹿な行為で惨殺される若者たちは、ホラー映画の醍醐味である。観客は神の視点で彼らを見下ろし、「そんな危ないところに入るから!」「なぜそこでセックスする!」 (...)

魔女の棲む館(スチュアート・ゴードン) / マスターズ・オブ・ホラー (S1-02)

魔女の棲む館(スチュアート・ゴードン) / マスターズ・オブ・ホラー (S1-02)

H. P. Lovecraft's Dreams in the Witch-House / Masters of Horror
2005年の海外ドラマ ★4

「彼の話を信じればスジが通る」 あらすじ ウォルターは論文を書くため築300年という古ぼけたアパートの一室を借りた。家賃は安いが、深夜になると階下や壁の向こうから奇妙な音が聞こえる (...)

ページ先頭へ